美容って何だろう

      2016/12/08


食生活からアンチエイジング?アンチエイジングに良い栄養とは?

 いつまでも元気で若々しくいたいという気持ちは、女性だけでなく男性ももっているのではないでしょうか。若々しい体を目指し、老化を予防させることを「アンチエイジング」と呼んでいますが、皆さんは普段どのようなことでアンチエイジングに取り組んでいるでしょうか。まだまだ全く気にしていないという人から、そろそろ気になり始めた人、もうしっかりと取り組んでいる人と様々かと思います。

野菜たっぷりの食事の写真

 アンチエイジングに取り組むことは、健康への取り組みを行うことと同様とも言えるのではないでしょうか。そんな取り組みの一つが「食事」です。食事の内容に気を使うことで、アンチエイジングに働きかけることができます。それはすなわち、健康への働きかけも行っているということ。その食事には、以下のようなことが挙げられます。

スポンサーリンク

バランスの良い食生活

 健康や美容に関する食事というと、なにかと「バランスの良い」というワードがつきものです。やはりこれはアンチエイジングにもイコールとなるものでした。様々な食材からバランス良く栄養素を取り入れるということが、アンチエイジングに繋がる食事ということになります。炭水化物、タンパク質、ビタミンやミネラルといった栄養素が思い浮かぶかと思いますが、アンチエイジングを意識するのであればもっと具体的にどのようなものをバランス良く取れば良いのかみていきたいと思います。

脂質の低いタンパク質を選ぶ

 まずはタンパク質です。髪や筋肉、骨などあらゆるものを構成するのがタンパク質。肉や魚から摂取することになりますが、食材の質にこだわってみましょう。同じ動物性のタンパク質でも、肉より魚がオススメです。肉には余分な脂肪も多いため、カロリーオーバーしやすいと言えます。また、同じお肉でも脂肪の少ない部位を選ぶようにしましょう。牛や豚であればヒレ肉、鶏肉であれば皮を取り除く。馬肉は油の少ないお肉として知られています。動物性ばかりでなく、植物性タンパク質なら大豆製品やアボガドを摂取すればカロリーも抑えることができるでしょう。

アボカド

油分は良質なもので補給する

 タンパク質で取り過ぎないよう注意した脂質ですが、全く摂取しないというのもNGです。必要な油分は質の良いもので補いましょう。特に40代以降になると代謝が落ちるので、血管を詰まらせてしまう中性脂肪や悪玉コレステロールの増加に注意したいと言えます。悪玉コレステロールを抑制させる油としては、オリーブオイルや紅花油などが挙げられます。また、魚の油は血管のつまりや汚れが起きにくいとされ、それどころか綺麗にする効果があるとも言われています。焼き魚にするよりは、煮付けや煮凝りにして摂取する方が効率よく栄養を取り入れられるようです。

オリーブオイル

抗酸化作用を持つビタミン類

ビタミンC

 アンチエイジングに欠かせない栄養素といえば、やはりビタミン類です。特にビタミンCは強力な抗酸化作用を持つ栄養素。身体の細胞を錆びつかせ、老化の進行を早めてしまう活性酸素の除去なくしては、アンチエイジングは成り立たないとまで言えるでしょう。加えて紫外線ダメージになどによるメラニンの生成も抑え、コラーゲンの生成にも関わる美肌の栄養素でもあります。若々しい肌を保つのには、欠かすことのできない栄養素でしょう。

ビタミンE

 また、ビタミンC以外でも強力な抗酸化作用をもつビタミンEも忘れてはなりません。脂溶性のビタミンEは活性酸素の除去作用に優れるほか、血管内を綺麗にする力も持っています。ビタミンAには皮膚の代謝を高めたり、粘膜を保護する力を強めるため目にとっても大切な栄養素です。ビタミンB群にも細胞の代謝を活発にして肌や髪の健康を維持したり、ホルモンの分泌にも関与しています。いずれも欠かせばアンチエイジングに大きな支障をきたすといえ、すなわち健康にも影響を及ぼすでしょう。

海藻類でミネラル補給

 わかめや昆布、のりなどの海藻類には豊富なミネラルが含まれています。骨を作るカルシウム、血液の成分である鉄などがあり、不足すればホルモンバランスが崩れたり、骨粗鬆症の原因にもなります。海藻類には食物繊維も豊富なので、腸内環境を良くすることで免疫力強化もはかれるでしょう。

2013-02-19作成
2014-11-07再編集

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 食事法

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

白湯を飲むと代謝が良くなり、美肌・ダイエット効果もあります

 水を一度沸騰させてからぬるくなるまで冷ましたものを「白湯」といいます。 乳幼児の初期の飲み物としてやミルクを作る際にも使用する白湯。 一旦沸騰させることでカルキなどの不純物を取り除け、水道水の殺菌の

夏バテ防止策には“バナナ”がおすすめ

 猛暑が続く日本列島。厳しい暑さを乗り越える対策はしていますか?まだというあなた、栄養満点の“バナナ”で夏バテを予防しましょう。  8月7日が何の日かご存知ですか?日本の食卓に馴染みの深いフルーツの一

no image
「主食・主菜・副菜」バランスの良い食事こそ美肌と健康の元

 美肌や健康な体を作る上で、最も重要視したい工程があります。それは「食事」。人は一生のうちに数え切れないほどの食事を行いますが、その一回一回が大切な身体を作り上げるプロセスになります。生まれ持った身体