美容って何だろう

      2016/12/08


みかんの白いスジは食べる?取る?

a0006_000037

 冬の代名詞ともいえるのが「こたつにみかん」。こたつに入ってみかんを頬張る光景は、昔からある日本の冬にはお馴染みのものと言えますね。みかんといえば、一般家庭での国内果物消費量はバナナに次ぐほどの人気ぶり。昔は最も消費量の多い果物でもありました。私たちに馴染みのあるみかんは「温州みかん」と呼ばれるもの。和歌山県や愛媛県での栽培が盛んなことで有名なみかんですが、含まれる栄養素も実に優秀であることをご存知でしょうか。知っておけば、もっとみかんが好きになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

みかんは栄養の宝庫

 みかんにまつわる話に、「風邪の予防に良い」という話があります。これはみかんに含まれるビタミンCやシネフリンと呼ばれる成分が、風邪に対する免疫力強化に役立つ栄養素だからです。また、ビタミンCは善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを抑制する効果や抗酸化作用なども併せ持つことで知られています。

 その他に、含まれている栄養素ビタミンAは肌の保湿に役立つ成分です。乾燥しがちな冬場には、必要不可欠な栄養素になるでしょう。また、プロビタミンAの化合物の一種とされる「β-クリプトキサンチン」を豊富に含んでおり、これには強力な発がん抑制効果があると言われているのです。

 更にみかんに含まれる食物繊維は腸内環境を正常化し、便通をよくすることで免疫力を向上させお肌の状態も良好に保ちます。また、疲労回復に効果のあるクエン酸、細胞の活性化に役立つミネラルなど様々な栄養素が詰まっている、まさに栄養の宝庫とも言える果物なのです。

みかんの白いスジは食べる?取る?

 皆さんはみかんの房についている白いスジ、どうしていますか?口当たりが悪くなるなどの理由から、取って食べているという人が多いのではないでしょうか。みかんに含まれる栄養素のうち、優秀な力を持ちながら壊れやすいといった特徴ももつのがビタミンCです。そんなビタミンCを守り、効率よく摂取できるように安定化させる役目を持つのが「ヘスペリジン」と呼ばれる成分。これはみかんの白いスジや袋の部分に多く含まれる栄養素で、ビタミンPとも呼ばれています。白いスジはキレイに取り除いてから食べるという人には残念なことに、それは大変もったいないことなのです。

 スジや袋ごと全部食べることで、みかんの本来持つ豊富な栄養素を余すことなく摂取できるというもの。この部分にはヘスピリジンだけでなく、「ペクチン」と呼ばれる食物繊維も豊富に存在しています。みかんの果実のみ食べるのと、白い袋やスジごと食べるのとでは、便秘の改善効果に数倍もの差が出るそうです。
 

美容効果も抜群

 先述したように、ビタミンCなどが豊富なことで美容に関しても優秀な効果のある食べ物だということが察せられるかと思います。ビタミンCといえば美白成分で有名な栄養素。メラニンの沈着を抑えシミ、そばかすを予防します。保湿成分の生成に必要なビタミンAの補給も行えるので、乾燥の激しい冬を乗り切るのには最適な果物ですね。食物繊維も豊富なので、便秘の予防や改善にも役立ちます。腸が健康であるというのは、美肌を目指すためにはなくてはならないことです。肌の健康もそうなのですが、腸内の健康は免疫力を左右する要となるもの。すなわち全身の健康状態も司っており、それゆえに食物繊維の豊富なみかんは身体全体の健康維持に非常に役立つ食べ物と言えるのです。

 美肌や健康維持に効果のあるみかん。値段も手が届く範囲で十分手に入れることができる食べ物ですね。一日の摂取目安は一個?二個。みかん二個で、大人が一日に必要なビタミンCの摂取が完了すると言われています。みかん一個あたりのカロリーは約35kcal。食べ過ぎると糖分の過剰摂取にもなりますので、目安の量を守って食べるようにしましょう。摂取する際にはもちろんスジは取り除かずにそのまま食べること。そうすることで、みかんの持つ豊富な栄養素をもれなくいただくことができます。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 食事法 , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

食生活からアンチエイジング?アンチエイジングに良い栄養とは?

 いつまでも元気で若々しくいたいという気持ちは、女性だけでなく男性ももっているのではないでしょうか。若々しい体を目指し、老化を予防させることを「アンチエイジング」と呼んでいますが、皆さんは普段どのよう

白湯を飲むと代謝が良くなり、美肌・ダイエット効果もあります

 水を一度沸騰させてからぬるくなるまで冷ましたものを「白湯」といいます。 乳幼児の初期の飲み物としてやミルクを作る際にも使用する白湯。 一旦沸騰させることでカルキなどの不純物を取り除け、水道水の殺菌の

no image
「百薬の長」としてのお酒の働きと適量

 妊婦である私は勿論、現在禁酒中です。もともと酒豪でも酒好きでもありませんし、非妊娠時も一人で飲む事は滅多にありません。ただ、お酒を楽しく飲んだり、その場の雰囲気を楽しむ意味でも飲むこと自体は決して嫌