美容って何だろう

      2017/11/20


いいことづくめ!血流改善による健康・美容効果がすごい

生命活動維持になくてはならない血液。

その流れを改善することで、嬉しい効果が続々と得られるかもしれません。

冷えや美容・ダイエットにも関わる血流

食事管理や運動で血液・血管を健康に!

動脈、静脈、毛細血管を流れている血液は、様々な働きであなたの健康を保っています。

動脈の血流は主に酸素や栄養運搬、静脈の血流は二酸化炭素や老廃物の回収。

そして毛細血管により、細胞の隅々へとその働きが伝わるのです。

生きているだけでも必要な血流ですが、その状態を良好に保つことも健康維持において大切になります。

あなたが本当の意味で健康を手にしたいのなら、血流改善の嬉しい効果を知っておくべし!

スポンサーリンク

血液の流れを改善してイキイキとした毎日を

血流が悪くなると、体調不良や病気、時には命に関わるリスクにもつながります。

身近なトラブルから精神的な不調とも関係があり、健やかな毎日を送るためには血流がスムーズであることが前提といっても過言ではないでしょう。

逆に言えば、血液が滞りなく巡ることで全身に嬉しい働きが期待できるのです。

血液改善で期待できる効果を知れば、あなたも今すぐ対策したくなるはず。

【冷え改善】

血行不良と冷えは密接に関わっていると言われています。

特に手足など末端が冷える人は多いと思いますが、体の端になるほど血液の流れも悪くなりやすいのです。

心臓から遠いので、なかなか血が巡りにくいのですね。

血流が改善されれば末端の冷え解消に役立つので、保温やマッサージなどで積極的に対策を行いましょう。

【痩せやすくなる】

実は血流はダイエットとも関係があります。

血液の流れが悪いと代謝を担う器官の働きも低下するため、エネルギー消費効率がダウン。

燃費が悪く、脂肪が燃えにくい体になってしまいます。

同じものを食べても、血流がスムーズな方が代謝が良く痩せやすいということ。

定期的に運動をするのは単にカロリー消費を上げるだけでなく、全身の血の巡りを促す効果もあるのですよ。

毎日運動できないという人でも、手軽にできるストレッチやマッサージを心がけたいですね。

【美肌・美容】

お肌のトラブル解消や美髪、アンチエイジングにも血流改善が効果的。

血液がお肌へ栄養をしっかり運び、不要な老廃物の排出を促せば吹き出物やくすみ肌を寄せ付けません。

髪や頭皮の健康だって同じ。

特に頭周辺は凝りやすく血流も滞りがちなので、マッサージなども有効でしょう。

また、血管年齢が若い人ほどシミが少ないという報告もあり、アンチエイジングの観点からも血液・血管は重要視されます。

血流を良くする運動や生活はもちろん、血液や血管の質を向上する食事やメンタルケアもポイント。

バランスのとれた栄養摂取を前提に、鉄分豊富なレバー、血液を浄化するEPAなどを意識して補給してください。

参考サイト:血液・血管からアンチエイジング:日経ウーマンオンライン【日経ヘルス1月号】

スポンサーリンク

【疲労回復】

血流の悪さは必要な栄養が行き渡らない、不要な老廃物が溜まるという負の連鎖を招きます。

これらが疲労回復を遅らせ、体の疲れを招いているのかも。

なんとなく疲れがとれにくい、だるさが続くというあなたも要注意。

まずは血流改善を目指して、本来の疲労回復機能を取り戻しましょう。

運動や食事はもちろんのこと、質の良い睡眠をしっかりとるのも大切です。

睡眠不足は血液循環を担う自律神経の働きを低下させるため、血流はおろか全身に様々なマイナスが生じてしまいますよ。

お風呂に浸かる、寝る前には光や音の刺激を受けないなども入眠を促す方法になります。

【精神安定】

血行不良による体の疲労やトラブルは、精神面にも大きな影響を与えます。

疲れがとれないとやる気が起きなかったり、肌荒れがあると気持ちが沈んだりしますよね。

一見些細なことに思えますが、悩みを抱える本人にとっては一大事。

また、脳の血行不良はうつや自律神経失調症とも関係があると言われるほどです。

頭周辺だけでなく、そこに繋がる首や肩のコリにも注意しましょう。

コリは血行不良との関わりが深く、それを解消することで脳への血流もスムーズになると考えられます。

参考サイト:うつ・自律神経失調は「脳内血流不全」が原因~? | 脳幹健康センター大阪

血液だけでなく“血管”の状態も大事

上でも少し触れましたが、血流改善には血液だけでなく“血管”の状態もポイントです。

血流改善の対策は、血管の健康維持にも繋がるものばかり。

さらに血管年齢を若く保つためには、植物のポリフェノールなど抗酸化作用の豊富な食事がおすすめですよ。

濃い味付けや脂っこい食事の偏りには十分注意し、適度に体を動かして血管の老化を防いでください。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

参考サイト

血行のしくみ|肩・腰のしくみ|肩こり・腰痛の原因| 眼精疲労・肩こり・腰痛を考えるナボリン倶楽部

 - 血流・リンパ・マッサージ

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい