美容って何だろう

      2016/12/08


デトックスの真実?医学的効果はない??

リラックスして横たわる女性の写真

 体内の毒素を出す健康法のことを「デトックス」といいます。代替医療にも分類され、デトックスを提唱する一部の人はダイエットとの関連を謳っているケースもあるようです。これは、体内に蓄積される有害物質の多くが脂肪に集まるため、その排出は脂肪の除去にも繋がるという考えからのようです。ダイエットにも効果が期待できるとされるデトックス。その本来の目的と効能をみていきましょう。

スポンサーリンク

デトックスとは本来どのようなものなのか

 繰り返しになりますが、身体の中に蓄積された毒素を排出する健康法のことをデトックスと呼んでいます。私たちが暮らしていく中で、周りには様々な化学物質が存在しており、それらは人体に悪影響を及ぼすものです。有害な化学物質としては重金属や合成化合物、薬物などがあげられます。しかし、全ての重金属や化合物を悪だと決め付けてしまうのは早計です。一部の重金属はミネラルを構成するために重要となるものであり、合成化合物に関しても構造が同じ天然化合物と性質は全く変わらないとされています。

 有害な化学物質としてあがることの多い「水銀」や「亜鉛」、「カドミウム」ですが、これらは日常的に続けて摂取されることはほとんどないとも言われています。ですが少量ずつであれ、毒素は体内に蓄積されていきます。それが大量に排出される機会はほとんどないといえ、仮に一気に排出しようとすることはかえって身体に大きな負担をかけることになると考えられるでしょう。

 人体には元々、有害な物質を排出する器官が備わっています。それが腎臓や肝臓などにあたり、これらは副腎機能が正常に作用してさえいれば本来の役割を十分に果たすはずなのです。ゆえに、臓器が正常に稼働する様な健康的に生活を送ってさえいれば、無理にデトックスという代替医療を選択する必要はないとも言えます。なお、様々なデトックスの方法があるものの、その代替医療による医学的、科学的精査に基づく事例はこれまでに報告されていないようです。

デトックスに意味はない?

 様々なデトックスの方法には、全く根拠のない、効果のないものが存在しているのも事実でしょう。また、多くはデトックスそのものの効果ではなく自然治癒による症状の改善という見方となっており、現在デトックスそのものの医学的効果はないとされています。

 確かに、多くのデトックス方法は食事療法や運動などを行うことが含まれており、これは健康的な生活を送ることで自然と身体の機能が正常化し、本来の排出力が取り戻されたという説明で納得できます。

 では全てのデトックス方法に何の意味もないかというと、やはりそれも早合点と言えそうです。デトックスの中でも特に女性から支持されるものに「岩盤浴」があります。温めた天然石や岩石を加工したベッドに横になり、サウナの様な感覚で行うものです。温水や電熱により温めた石より発生する遠赤外線を利用し、大量の発汗を促すことで新陳代謝を上昇させるため毒素の排出がスムーズになると考えられます。実際に、岩盤浴に糖尿病を始めとした生活習慣病の改善効果があるということを岡山大学の研究グループが明らかにしています。身体を温めることで血流が促進され、代謝が高まったことが大きな要因のようです。

 また、浴場の鉱石によっては遠赤外線の放射量や放射率に差があるため、浴場ごとに比較して科学的な検証を行う余地もあるとされます。こうした科学であってそうでないようなものを疑似科学と呼んだりしますね。本当に根拠のない疑似科学で消費者を欺くことは許されませんが、まだ研究がなされていないものや解明の余地が残っているものを全て一括りにするのも乱暴な気がします。

 話が少しそれましたが、デトックスそのものに治癒能力を期待するというよりも、デトックスによって身体の機能を正常化、或いは促進させることで、自然に治癒することを目指すといった方がしっくりくるかもしれませんね。というより、本当はそのことをデトックスと呼ぶのかもしれません。

2013-03-02作成
2014-10-17画像追加

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - デトックス

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい