美容って何だろう

      2016/12/09


静電気と髪の毛の関係?髪の乾燥を防ぎましょう

 女性であれば、髪をクシでとかした際に、パチパチと静電気が放たれる音を聞いたことがあるのではないでしょうか。こうした寒い時期に、特に髪の長い人は悩まされる機会も多くなるかと思います。私自身も経験がありますが、本当に不快なものですね。髪の毛には静電気が溜まりやすい場所であり、髪をクシでとかした際に流れる電流は2万ボルトに達する場合もあるとか。何気なく行っているブラッシングも、怖くなってしまいますよね。

753_original

 髪の毛と静電気の関係ですが、これは髪の毛の乾燥が原因のようです。乾燥が進んでいる髪の毛は、ブラッシングの際のブラシとの摩擦、また髪の毛同士の摩擦によって静電気が溜まりやすい状態になっています。特に髪の毛同士が摩擦しているということは、常に帯電状態であるとも言えます。冬場に静電気が多くなるのも、冷たく乾燥した空気が髪の毛の乾燥を助長させているからなのです。

スポンサーリンク

 髪の毛の中でも「くせ毛」は静電気を受けやすいと言われています。くせ毛はキューティクルが均一になっておらず、また剥がれやすい構造になっています。髪の毛のキューティクルには水分保持の役目がありますが、これが均一でないくせ毛は水分を保持する能力が低いとされています。また、くせ毛はその名のとおり髪の毛にくせがある状態であり、うねりを生じている髪と髪の間はスペースが開きやすく、そのため乾燥を招きやすい状態でもあるのです。このことからも、乾燥しがちなくせ毛は静電気を受けやすいと考えることができます。

 身体を構成する上で必要不可欠な栄養素に「タンパク質」がありますが、これは髪の毛も同様です。髪の毛はタンパク質でできており、その表面を覆うようにキューティクルが存在しています。このキューティクルが静電気により傷つけられると、その傷口から髪に必要な水分や栄養素が流失してしまうのです。水分や栄養を失った髪の毛は、乾燥が進み更に静電気を誘発しやすい状態になります。加えて、傷つけられてささくれ立ったキューティクルは摩擦を生じやすく、更なる静電気の発生を促すという悪循環に陥る可能性もあります。

 以上のことから、髪の毛に静電気が発生する大きな要因は「乾燥」であることが分かりました。肌はもちろんのこと、髪の毛にも悪影響を及ぼす乾燥は本当に厄介な相手です。髪の毛を乾燥から守り、静電気を予防して健康な髪を維持しましょう。

髪の乾燥予防策

トリートメントに保湿タイプのものを

 市販されているトリートメントには、仕上がり具合を選べるものがあります。多くは「さらさら」と「しっとり」など(肌で言えばオイリー肌用、乾燥肌用といった具合)に分けられているかと思います。ここは保湿力の高い「しっとり」タイプのもので、髪を保湿するようにしましょう。

洗い流さないトリートメントでワンランク上のケア

 お風呂上がりなど髪を洗ったあとにつけて使用するタイプのトリートメントで、髪の内側に水分をしっかりと補給しましょう。紫外線や熱からのダメージ予防にも効果があります。

ブラッシングに気をつける

 髪をとかす時にはほんの少し湿らせておくと静電気が発生しにくくなります。また、一気にとかさずに先の方から少しずつ、丁寧にとかしましょう。使用するブラシはプラスチック製ではなく、100%天然素材を選びましょう。また、靴下やストッキングを履いている状態だとうまく放電しにくいようです。暖かい場所で、裸足でブラッシングすると足からの放電がスムーズにいくようですよ。

ファーやマフラーの素材にも注意

 衣類の対策と同様に、髪の毛に触れることとなるファーやマフラーの素材にも気を配ってください。やはりアクリルやナイロンなどの化学繊維は避け、カシミヤなど天然素材100%のものが最適です。

 そのほか、部屋に加湿器を置いて湿度をあげたり、カラーリングやパーマなどで髪を過剰に痛めないなどの対策があります。静電気を防ぐだけでなく、髪自身の健康にも役立ちますので是非実践してみてください。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - ヘアケア

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

「ノンシリコンシャンプー」は本当に髪に良いのか

 肌と同じ様に髪の毛に気を使っている人は少なくありません。髪の毛は男女問わず、若さを保つ為にもケアを怠らない様にしたいもの。ヘアケアといえば毎日のシャンプー、トリートメントに用いるヘアケア用品にこだわ

no image
キューティクルの構造と傷つける要因

 髪に関する言葉で「キューティクル」という単語を良く耳にするかと思います。キューティクルとは、髪の層の一部分のこと。髪の毛は「キューティクル」、「コルテックス」、「メデュラ」と呼ばれる層で構成された3

no image
自宅でも手軽に行える「ヘッドスパ」の魅力

 美しい髪の為にできるケアは様々ありますが、中でも最近人気なのが「ヘッドスパ」。単純にヘアケアという目的だけでなく、リラクゼーションの要素があるのもストレスの多い現代人にとっては嬉しいですね。そんなヘ