美容って何だろう

      2016/12/08


更年期障害に効く!若さを維持する秘訣「ポリフェノール」

 自律神経失調症の一つとされる「更年期障害」。その治療に効果的と言われるポリフェノールが若さを保つ秘訣になります。

s-201605_02

 肉類やチーズを多く摂取するフランス人。

動物性脂肪をたくさん食べているにもかかわらず、動脈硬化による心臓病での脂肪リスクは他の欧米諸国よりも低いのだそう。

その理由は赤ワインに含まれる“ポリフェノール”にあります。

ポリフェノールの有効作用が大病を予防し、フランス人の健康を支えているのです。

近年はポリフェノールが更年期障害にも効果的と言われ再注目されています。

スポンサーリンク

ポリフェノールの有効作用

 植物の渋みや酸味の元になるのがポリフェノール。

有名なぶどう以外にも、チョコレートやココアのカカオポリフェノール、緑茶のカテキンなどがありますね。

ポリフェノールは体内の活性酸素を抑える抗酸化作用に優れ、細胞の老化を防ぐためアンチエイジング成分としての役割があります。

71c95eecd18296c4e48c696531d84b95_s

 ポリフェノールは老化を防ぐだけではありません。

活性酸素の影響で起こる病気の予防、ストレス除去やメタボ解消効果、ホルモンバランスを整えるものなど種類によって様々な効果を発揮します。

男性や若い人にも増えている「更年期障害」

 40~50代女性の疾患とされてきた更年期障害ですが、最近は男性の更年期障害も多いのだとか。

30代と早い段階で発症する“若年性更年期障害”などもあり、様々な層の患者がいると伺えます。

蒲萄のポリフェノールで美肌効果抜群の「ヴィノテラピー」とは

【更年期障害の症状をチェック】

 精神的、肉体的に様々な不快症状を引き起こす更年期障害。

女性はめまいや頭痛、疲労感、生理不順のほか、精神的に不安定な状態になることも多い病気です。

男性の場合は性欲の低下や抑うつ感、筋肉関連の症状などが挙げられます。

参考:更年期障害 – Wikipedia

スポンサーリンク

ポリフェノールが更年期障害に効果的!?

6ed686fe375dc3c76b18b90d44eca4a1_s

【女性ホルモンを補う大豆イソフラボン】

 更年期障害と女性ホルモンの分泌量は密接に関係していると言われます。

更年期障害を発症する年齢は、閉経前後のホルモンバランスが急激に崩れやすい年代なため。

女性ホルモンが一気に減少することで心身ともにバランスを崩してしまいます。

大豆イソフラボンは植物性エストロゲンという呼び名で有名なほど、女性ホルモン“エストロゲン”と同じ様な作用を持つポリフェノール。

更年期に補給したい成分の代表といっても過言ではありません。

大豆イソフラボンの効果を上げるには「エクオール」が必要

【ブドウ種子ポリフェノールがうつや不眠症状を改善】

 “ブドウ種子ポリフェノール”が女性の更年期障害治療に有効だと明らかになっています。

東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科の寺内光一准教授は、試験でブドウ種子由来プロアントシアニジン200mgを投与した女性に対し、抑うつや不安、不眠などの症状改善が見られたと発表しました。

また、更年期にできやすいとされる肝斑を改善するなど美白効果も優秀です。

ポリフェノールの持つ有効成分?こまめに摂取することが重要です

【カカオポリフェノールの更年期障害治療への可能性】

 名古屋市立大学大学院 医学研究科 の岡嶋研二教授らが発表したのは“カカオポリフェノール”が更年期障害治療へ応用できる可能性があるというもの。

更年期障害の症状をおさえるのに有効と考えられるインスリン様成長因子―I、この産生を増加させる効果がカカオポリフェノールにあるという研究結果を報告しています。

 インスリン様成長因子-Iは老化により発生する様々な不調に効果を示す物質で、これが増えることで加齢により発症する更年期障害の改善に繋がるのではと言われています。

引用元:「カカオポリフェノールの更年期障害治療への応用の可能性」より引用 http://www.chocolate-cocoa.com/symposium/pdf/sympo_15b.pdf

6cb8d3d06006bf1071d79fb04bfffb80_s

ポリフェノールを効果的に摂取するには?

 ポリフェノールは体内に長く蓄積されにくい成分なので、こまめな摂取が効果的です。

1日に1000~1500mgを目安とも言われますが、サプリメントでの摂取は製品ごとの適正量を守りましょう。

特に大豆イソフラボンは過剰摂取によるホルモン過多にも要注意。

適切な補給を行うことで、更年期障害を改善させる身近な対処法になるはずですよ。

参考サイト

ぶどう種子ポリフェノールは更年期症状の改善に効果あり

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 栄養

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

ビタミンBの働きと摂取?葉酸とビオチン?

 8種に分類されるビタミンB群で最後に紹介するのは「葉酸」と「ビオチン」になります。前者はビタミンB9、後者はB7とも呼ばれるものです。以下はそれぞれの主な役割や摂取の方法について解説しています。 葉

no image
現代人に不足しがちな不飽和脂肪酸と過剰摂取に気をつけたい飽和脂肪酸

 「あぶら」とは「油」と「脂」、2つの漢字で表わすことができますが、この違いは何でしょうか。常温で液体状のあぶらを「油」、固体のものを「脂」と表し、これらを総称して「油脂」と呼びます。油脂は「脂肪酸」

イヌリンのダイエット効果がすごい!血糖値を抑えて便秘解消効果大

 便通を促す成分として知られる食物繊維ですが、その一種である「イヌリン」にはダイエットや糖尿病に嬉しい効果を発揮してくれます。  タンパク質や脂質、ビタミン類のように体の栄養となる成分ではないものの、