美容って何だろう

      2016/12/08


イヌリンのダイエット効果がすごい!血糖値を抑えて便秘解消効果大

 便通を促す成分として知られる食物繊維ですが、その一種である「イヌリン」にはダイエットや糖尿病に嬉しい効果を発揮してくれます。

s-201601-1

 タンパク質や脂質、ビタミン類のように体の栄養となる成分ではないものの、その健康効果が重要視されている成分といえば食物繊維です。

主に腸内環境を整える効果が高く、便通を良くしたり善玉菌を増やして免疫力アップにも有効とされます。

優秀な食物繊維の1つ「イヌリン」の持つ驚きの効果について解説しましょう。

スポンサーリンク

イヌリンってどんな成分?

pixta_21651384_s

【多糖類であり食物繊維に分類される物質】

 ごぼうやニラなどに多く含まれるイヌリン。

元々多糖類であるイヌリンですが、人間の胃では消化されずに腸まで到達します。

そのため体内にはほとんど吸収されないのですが、腸内で代謝され善玉菌の餌となるのです。

水溶性食物繊維にも分類されるイヌリンは、腸で水分を含んでゲル状になります。

便秘解消に有効なのはもちろん、糖の吸収を抑える働きや中性脂肪の減少効果も期待できます。

5cb763f7d1d9137780ac4f608d41ab30_s

イヌリンの持つダイエット効果

pixta_25595095_s

【血糖値の上昇を抑える】

 食事を摂ると血糖値が上がり、それを抑えるためにインスリンが分泌されます。

インスリンは余分な糖を脂肪に蓄積する働きもあるため、血糖値を急激に上げてインスリンが大量に分泌されると脂肪も溜まりやくなるのです。

イヌリンは摂取しても血糖への影響がほとんどなく、インスリンの大量分泌を防ぐことで太りにくい食べ方ができます。

 この効果を踏まえると、糖尿病患者の治療に有効ではとも考えられます。

しかし、糖尿病患者の血糖値を調節する効果としては厚労省はそれを否定しています。

参考:イヌリン – Wikipedia

【中性脂肪を減らす】

pixta_18550058_s

 水溶性食物繊維にはコレステロール値を下げる効果があるとされています。

イヌリンも例外ではなく、コレステロールの低下により中性脂肪を減らすこともできます。

便秘にも有効に働くイヌリンですが、便秘解消自体も中性脂肪減少に貢献します。

食物繊維のダイエット効果は以前から注目されていますが、腸内をスッキリさせるだけでなく脂肪を減らす効果も高いためなのです。

スポンサーリンク

オリゴ糖を増やして善玉菌を活性化

 イヌリンに水分が加わるとオリゴ糖が産生されます。

オリゴ糖が腸内環境に良いことはなんとなくご存知の人も多いはず。

オリゴ糖は善玉菌のエサになり増殖に繋がりますが、悪玉菌を増やすことはありません。

善玉菌を活性化させて悪玉菌の繁殖を防ぎ、便秘解消に大きく貢献してくれるのです。

299f877640d837fbdf630f0c85f5fca7_s

イヌリンの副作用について

 イヌリンを安全に摂取するためには、1日あたり8~14gまでを目安とし、摂取期間は8週間までとされています。

副作用としては腹部が張ったりガスが溜まりやすくなるという症状があり、一部ではアナフィラキシーショックの報告もあるため摂取量やアレルギーには十分な注意が必要です。

難消化性デキストリンとの違いは?

pixta_25085515_s

 イヌリンと比較されることの多いのが難消化性デキストリンです。

デキストリンという成分の中から難消化性成分を抽出したのが難消化性デキストリン。

その名の通り消化しにくい成分であり、イヌリンと同じ水溶性食物繊維に分類されます。

整腸作用、血糖値の上昇抑制や脂肪蓄積の抑制など効果もイヌリンと同じようなものが期待できます。

参考:難消化性デキストリ|大塚製薬

 違いとしては、一般的な食品に使われることが多いのは難消化性デキストリンと言われています。

最近多い健康食品などがそうですね。

楽天市場でキーワード検索してみると、イヌリンよりも難消化性デキストリンの方が倍以上多くヒットします。

双方とも粉末状で売っているものも多く、価格自体は大差ないようですね。

使用した人の感想を見てみると、イヌリンは温かい飲み物でないと溶けにくい一方、デキストリンは通常の温度でも溶けやすいようです。

 副作用や摂取量ですが、難消化性デキストリンに関しては特に使用量の制限はないようです。

しかし大量摂取による腸の弛緩作用などがあるとされるため、製品ごとの量を守るようにしましょう。

イヌリンと難消化性デキストリンの違いまとめ

イヌリン・・・温かい飲み物に溶け、甘みがある
       摂取制限がある
       食品への浸透は難消化性デキストリンより低い
       オリゴ糖を生むため整腸作用が高い

難消化性デキストリン・・・飲み物に溶けやすく、無味である
             特に摂取制限はない
             一般的な食品にも浸透

より高い整腸作用を期待するならイヌリン?

 オリゴ糖産生作用があるため、整腸作用に関して言えばイヌリンの方が強力でしょうか。

粉末状のものを食べ物や飲み物に溶かしたり、サプリメントでも摂取できるのでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

             

参考サイト

【イヌリン】便秘や血中の中性脂肪に効果的に作用する食物繊維 | ダイエットSlism

PR:健康美容に大注目!話題のごぼう茶

おすすめ記事

間食好きでも大丈夫!?チョコレートを食べながらダイエット

「レモン水」を飲むダイエット。飲むだけでも効果あり!?

お酢がダイエットに効く理由と飲むタイミング

 - 栄養 , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい