美容って何だろう

      2016/12/08


ビタミンCだけじゃない!「レモン」の様々な美容・健康効果

 レモンといえば、ビタミンCが豊富なことなどから美容効果の高いイメージがあるでしょう。その他にも嬉しい効果がたくさんあることをご存知ですか?

a1180_001209

 柑橘類の中でもきつい酸味が特徴的な果物といえば「レモン」ですね。直接食べるというよりも、絞り汁を料理にかけたり切って飲み物に入れたりして用いることが多いでしょう。レモン汁だけで売られているものは保存が効き、料理のアレンジに活用できて非常に便利です。爽やかな香りが好きという人も多いでしょう。

スポンサーリンク

レモンのビタミンCはよく知られていますが

 レモンと言えば“ビタミンC”のイメージが強いのではないでしょうか。美容のビタミンとして知られるビタミンC。メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを予防し、アンチエイジングにも効果的と言われています。その高い美白効果から多くの化粧品類にも配合され、美肌にはなくてはならない成分といっても過言ではないでしょう。そんなビタミンCの豊富なレモンですから、自ずと美容効果の高い印象がありますね。もちろんそれもレモンの嬉しいポイントなのですが、今回はそれ以外の効果について注目してみたいと思います。

ビタミンC以外のレモンに含まれる成分とその効果

ペクチン

 レモンに含まれる食物線維に一つに“ペクチン”と呼ばれるものがあります。食物繊維といえば便秘解消に効果のある成分として知られていますが、ペクチンも同様の効果が期待できます。ペクチンは水溶性の成分であり、体内に入ると水分を吸収して膨らみます。これが便を柔らかくして、腸内の老廃物排出をスムーズにしてくれるのです。善玉菌を増やして悪玉菌を増やすのにも役立つそうで、腸内環境を良好にして免疫力を高めてくれるでしょう。

ポリフェノール

 多くの植物に含まれるポリフェノールですが、もちろんレモンにも含まれています。レモンに含まれるポリフェノール“エリオシトリン”は、脂肪の吸収を抑制するとともにその体外への排出をサポートすると言われています。このことから肥満を予防し、ダイエットに適していると言えるでしょう。更にエリオシトリンには血管の内側の壁を広げる効果、血流を良くする効果があるのだそう。血液の流れがスムーズになることは、体にとって非常に嬉しい点でしょう。健康と美容の両面において重要なポイントですね。

リモネン

 レモンの爽やかな香りの秘密には“リモネン”という成分があります。リモネンには体内時計をリセットする効果があるそうで、朝目覚めた時に嗅ぐことで一日を元気に過ごすサポートをしてくれます。体内時計とは、睡眠や覚醒、血圧や体温調節など生命維持に欠かせない活動のリズムを調節する機能のこと。朝日を浴びることで体内時計をリセットするのは有名な話で、目覚めた時に浴びるといいと言われますね。それと同様に、朝レモンの香りを嗅ぐことが体内時計に良い影響をもたらすようなのです。

 更にリモネンにはガンの発達を抑制する働きもあると言われています。また、レモンには体内にある“グルタチオン”という物質を活性化させる作用があるそうです。グルタチオンとは、体内の活性酸素を除去する作用のある物質。ガンを始め、老化など様々な不調に関わりのある活性酸素の除去をサポートする力がレモンに秘められているようですね。

クエン酸

 レモンの酸味の成分である“クエン酸”。レモン果汁に含まれるクエン酸にはお肌の古い角質を除去し、シミなどの色素沈着を目立たなくする効果が期待できるようです。更にレモンの酸度がニキビ薬としても有効で、ニキビの早期改善に役立つのだそう。方法は、レモン果汁を直接気になる部分に塗布するというシンプルなもの。ただし、敏感肌の人など体質によりレモン果汁の刺激が強すぎる場合もあるため、必ずパッチテストを行ってからの方が良いでしょう。はじめは少し薄めて使用するのも良いようです。

 いかがでしたか?ビタミンC以外にも、レモンの有効成分が豊富なことが改めて確認できました。これまで以上に生活の中に取り入れていきたいですね。

参考サイト

レモンで体内時計をリセット
毎日1個!レモンで若返る?驚くべき5つの美容効果
美容に、健康に、、身近なレモンの知られざる効果!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 健康食材

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい