美容って何だろう

      2016/12/08


ダイエットや美肌にも!?「マシュマロ」の意外な美容効果

 甘くてふわふわしたお菓子「マシュマロ」。

意外なことにただのお菓子ではなく、女性にとって嬉しい効果が期待できる食べ物だと分かりました。

a1180_012953

 独特の柔らかい食感とくちどけ、甘くて美味しいスイーツといえば「マシュマロ」ですね。

子供はもちろん、大人になっても食べたくなるという人もいるのでは?私たちの身近なお菓子として知られるマシュマロは数あるお菓子の中の一つに過ぎませんでした。

しかし、近年では美容に良い影響があるお菓子として見られているようですね。

マシュマロに一体どんな美容効果があるのかをご紹介します。


スポンサーリンク

マシュマロに隠された美容効果

 甘いお菓子は確かに美味しいですが、美容の観点から言えばあまり良さそうなイメージはありませんよね。

糖分や脂肪分が多いので、どうしても美肌やダイエットの敵のような印象です。

今回取り上げるマシュマロに関してですが、まずはマシュマロの主原料を見てみましょう。

マシュマロは通常、砂糖や水飴、ゼラチン、卵白などの材料から作られています。

元々はお菓子ではなく、喉や胃腸の炎症を抑えるために薬用として食されていたのだそう。

それに改良を加えたものが、現在お菓子として知られるマシュマロになります。

コラーゲン

 マシュマロに含まれている“ゼラチン”ですが、摂取すると小腸で分解されます。

分解されたマシュマロは分子量の小さなコラーゲンとして体内に吸収されるのだそうです。

コラーゲンといえば、骨や関節の材料となるほか、肌の張りや潤いを保つために必要不可欠な成分ですね。

また、マシュマロに含まれるゼラチンの9割以上が肌に良いコラーゲンなのだそう。

もちろん少し食べただけで肌に良い作用があるとは考えにくいですが、他のお菓子を食べるよりは美容に嬉しいお菓子を食べたいですよね。

そんな時にはマシュマロがピッタリかもしれません。

 マシュマロを10個食べると、一日に必要なコラーゲン量を摂取することができるそうです。

一個辺りのカロリーを調べてみると、マシュマロの大きさや種類などにもよるようですが一般的なプレーンのマシュマロは10kcal程度のようです。

最近ではいちごやバナナなど他の味付けのものや、中にジャムやチョコなどが入ったものもありますね。

当然そちらの方が高カロリーになると思うので、やはり何も入っていない通常のマシュマロが良いでしょう。

また、コラーゲン目的であれば必ずゼラチン入かどうかを確認してから購入してください。

スポンサーリンク

マシュマロヨーグルト

 マシュマロとヨーグルトを使ったデザートも話題になったようです。

「明治ブルガリアヨーグルト」のサイトにも掲載されていますが、作り方はヨーグルトにマシュマロを漬け込み、冷蔵庫で1?2日寝かせるだけ。

マシュマロの甘味とヨーグルトの酸味、そしてマシュマロ特有の食感が相まって非常に好評価を受けているようです。

 ヨーグルトといえば腸内環境を整えるのに適した食べ物。

そんなヨーグルトとマシュマロを混ぜるだけで簡単に、しかもヘルシーなおやつができてしまうのです。

ダイエット中の方にとっては強い味方になるでしょうね。

便通が良くなり、満足感も味わえるとあってストレスなくダイエットを進行させるのにも役立つでしょう。

 もっと手軽にマシュマロを用いる方法としては、ココアやコーヒーに浮かべて溶かしながら飲むというのが有名ですね。

プレーンなマシュマロは淡白な味なので飽きが来るのも早いでしょう。

そんな時には上記のヨーグルトとのレシピや、飲み物に浮かべるだけといった簡単なアレンジが効くのもマシュマロのメリットと言えそうです。

 もちろん食べ過ぎるとかえってダイエットを邪魔してしまいますが、一個あたりのカロリーはさほど高くはないようです。

しかもコラーゲンを摂取できるとあって、他の高カロリーなお菓子に比べると美容に嬉しいと言えるのかも?おやつにクッキーやケーキといったものを食べている人は、マシュマロにかえてみるといいかもしれませんね。

参考サイト

マシュマロヨーグルト|ヨーグルトレシピ|明治ブルガリアヨーグルト倶楽部

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

ホッと温まる「豆乳ココア」は美容にも健康にも良いことづくし

美肌成分のヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチン一緒に摂取しよう

 - 健康食材

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

豆乳を摂取する時は大豆イソフラボンの上限量に注意

 豆乳といえば、漠然と健康に良いイメージがありませんか?豆はもちろん身体に良い食べ物として浸透していますし、牛乳もカルシウムの摂取などに欠かせないものですね。しかし、独特のクセが苦手という方も多いでし

古くから伝わる万能薬「梅干」は殺菌・抗菌作用、食欲増進効果などがあります

 梅の花の見頃は地域によっても少しずつ異なりますが、概ね二月?三月までといったところでしょうか。一方果実が出回るのは五月頃だったかと思います。日本で梅といえば、梅干を思い浮かべる人が大多数ではないでし

美肌や免疫強化など「燕の巣」が持つ驚きの美容効果

 中華料理で耳にする「燕の巣」。あまり一般的でないイメージですが、優秀な美容効果を秘めています。  様々な美容成分が取り上げられる現代ですが、今回は燕の巣に多く含まれる成分にスポットを当ててみます。