美容って何だろう

      2016/12/08


ナッツの女王「ピスタチオ」には女性に嬉しい効果が満載

 おやつやおつまみにもうってつけの「ピスタチオ」。ナッツ類は高カロリーなイメージもありますが、上手に摂取することで女性にとって嬉しい効果を得ることができます。

a0002_008598

 地中海沿岸が原産となるウルシ科カイノキ属の落葉樹から取れる堅果が「ピスタチオ」です。“ナッツの女王”とも呼ばれるその由来は、旧約聖書に登場するシバの女王が気に入っていたことなのだそう。女王が国中のピスタチオを自分と宮廷のものにするよう命じた説があるほどで、古代からその美味しさは知られていたようです。現在ではスーパーなどでも手軽に手に入り、ちょっとしたおやつやお酒の肴としても活躍するナッツの一種ですね。

スポンサーリンク

ピスタチオに含まれる成分

 でもピスタチオをはじめ、ナッツといえばカロリーが気になる食材でもありますよね。止まらなくなってついつい食べ過ぎてしまうのにも注意したいもの。カロリーは決して低いとは言えませんが、含まれる成分は良質なものです。従って適量の摂取は美容や健康に効果的と言えるでしょう。

 まずは豊富な不飽和脂肪酸が挙げられます。オレイン酸やリノール酸といったもので、これらは良質な脂質として知られています。特にオレイン酸は善玉コレステロールを下げず、悪玉コレステロールだけを下げるという嬉しい効果があります。脂とはいえど適度に摂取することでダイエット効果も期待できるのです。

 ミネラルのうち、デトックス効果の高いカリウムを豊富に含んでいるピスタチオ。利尿作用が強く、体内の老廃物排出を促進します。カリウムのこうした作用はむくみの改善にも効果的。むくみが取れるということで、こちらもダイエットに大きな期待が持てると言えるでしょう。お酒の肴として活躍すると上述しましたが、カリウムはアルコールの摂取によって失われやすい成分です。従ってアルコールとピスタチオの組み合わせは非常に合理的というわけです。

 他にも食物繊維が豊富という特徴があります。食物繊維といえば便秘改善に有効な成分ですね。便秘は肌荒れの一因になるほか、全身の健康においても悪影響の強いトラブル。ピスタチオにはそんなトラブルを改善してくれる食物繊維が多く含まれるため、腸内環境の正常化にも役に立つと言えるのです。

バストアップにも効果的?

 ピスタチオがバストアップに有効というのは、あまり聞いたことがないかもしれません。直接的に作用するわけではありませんが、ピスタチオに含まれるビタミンB6がバストアップを手助けしてくれる成分と言えます。ビタミンB6には女性ホルモンである“エストロゲン”の代謝を促すという作用があります。バストの大きさは女性ホルモンの分泌と大きな関わりがあるとされ、特にこのエストロゲンの量がキーになるのだそう。ビタミンB6の摂取は女性ホルモンを良好に保つのに役立ちますから、それを多く含むピスタチオがバストアップのサポート役になるかもしれませんね。

 バストアップだけでなく、生理中の症状にも関係している女性ホルモンの働き。ビタミンB6の摂取はそうしたホルモンの作用にも影響を与えるようです。さらにはタンパク質の生成にも関わっており、美肌や美髪のためにも必要な栄養素と言えるでしょう。ビタミンB6をはじめ、上述したピスタチオの様々な有効成分を上手く活用していきたいですね。

ピスタチオは適量を守って摂取する

 最初に述べたとおり、食べ過ぎに注意して適量を摂取するのがポイントとなります。ナッツとコレステロールに関するある実験によれば、一日の消費カロリーの20%をナッツ類で摂取した際にもっとも大きなコレステロール低下効果が得られたそうです。消費カロリーが2000kcalの場合は400kcalということになりますが、これをピスタチオで換算するとおよそ120gになります。

 ピスタチオといえば一粒一粒殻を剥いて食べなくてはなりませんね。これが面倒と感じるかもしれませんが、逆に考えれば一気にドカ食いしてしまうのを防ぐことができるでしょう。ゆっくりと歯ごたえを楽しみながら、適切な量を守ることでナッツの女王たる効果を得ることができるでしょう。

参考サイト

コレステロールや中性脂肪を下げ心臓病を予防、ナッツの王者ピスタチオの実力
http://bai10.info/archives/162

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 健康食材

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

「落花生(ピーナッツ)」に秘められた美容効果あれこれ

 香ばしいかおりと歯ごたえがクセになる食べ物「落花生(ピーナッツ)」。ちょっとカロリーが高いイメージもありますが、その栄養価の高さはお墨付きと言って良いほどです。  豆類の一種である「落花生」。英語で

バナナより凄い?「キウイ」で便秘知らず!美肌にも効果的

 絶妙な酸味と甘さが美味しい「キウイ」。身近な果物である一方、意外と食べる機会が少ないという人も多いのでは?積極的に食生活に取り入れれば、キウイの優秀な健康効果を得ることができるかも。  ニュージーラ

ノンカフェインでミネラルタップリな「ルイボスティー」の効果

 お茶の中でも近年注目が高まっているのが「ルイボスティー」。その理由はルイボスティーに秘められた絶大な健康効果にありました。  「ルイボスティー」といえば、名前だけは聞いたことがあるという人も多いでし