美容って何だろう

      2016/12/08


ポリフェノール満点な皮ごと食べたい果物たち

 果物を食べる際、多くは皮を取り除いて食べますよね。でもそれは非常にもったいない行為。これからは皮ごと食べることでより優れた栄養素を摂取することができます。

3a7d1ab7278e2fa84f6_s

 りんごやみかん、ぶどうなど、多くの果物には果実を守るための「皮(外皮)」が存在しています。そしてその果物を摂取する際には外皮を取り除き、果実だけを食べる人がほとんどでしょう。しかし、昨今では“皮ごと”食べることの重要性が広まってきたように感じます。なぜ果物の皮を食べることがそんなに大切なのでしょうか。

スポンサーリンク

果物の栄養は皮にあり?

 果物には非常に多くのビタミンが含まれていることで知られています。その他にも様々な栄養素が存在しており、体にとっても進んで摂取したい食材の一つです。中でも「ポリフェノール」はほとんどの植物に含まれている成分であり、これは植物が紫外線から果実を守るために存在しています。そしてポリフェノールが多く含まれているのが外皮の部分。外界の刺激から身を守るために外皮があり、そこにはポリフェノールが豊富に含まれているのです。

 ポリフェノールといえば強力な抗酸化作用を持つことで有名な成分。私たちの体内には「活性酸素」と呼ばれる物質があり、これは侵入してきた細菌やウイルスを撃退するのに役立ちます。一方で、増えすぎると問題を起こしてしまう活性酸素。不飽和脂肪酸と活性酸素が結びつくと酸化を起こし、細胞の老化を引き起こしてしまうのです。活性酸素のバランスを保つためにも、抗酸化物質を日頃から摂取することが大切なポイントとなるでしょう。

 果物を皮ごと摂取する意味は、この抗酸化物質を効率的に取り入れることにあります。果物それぞれに異なるポリフェノールを持っていますので、いずれの果物を食べる際にもやはり皮を取らずに食べたいものです。皮ごとミキサーにかけてジュースにするのがもっとも摂取しやすい方法ですね。では実際にどんな成分があるのか、果物ごとの例をいくつかお話します。

りんご

 りんごは比較的皮ごと食べやすい果物ですね。りんごの皮には三種類ものポリフェノールが存在しています。まずは「プロシアニジン」。これはりんごポリフェノールの主成分とも言われるもので、総ポリフェノール量の約半量を占めています。特に強力な抗酸化作用を持つほか、抗アレルギー作用、コレステロール低減作用などの健康効果も期待できます。二つ目は「エピカテキン」。お茶にも含まれるポリフェノールですが、りんごに含まれるものの方が抗酸化作用が強いそうです。最後は「アントシアニン」。有名なポリフェノールの一種であり、高血圧予防や視力改善にも効果があります。

みかん

 冬に定番の果物といえばみかんですね。日本人が大好きなみかんも皮に豊富な栄養が詰まっています。ポリフェノールはもちろんなのですが、食物繊維が果実の4倍と実に豊富。お通じをスムーズにして便秘の改善にも役立つでしょう。更に抗炎症、抗がん作用が高いと言われているほか、“テレピン油”と呼ばれる物質の作用により血液中のコレステロール除去にも効果があるとされています。生での摂取に抵抗がある人は、干したりお菓子など料理の中に取り入れることで食べやすくなるでしょう。

ぶどう

 赤ワインのポリフェノールもぶどう由来ですね。カテキンやアントシアニンなど定番のポリフェノールのほか、アンチエイジングに大きな効果のある「レスベラトロール」が豊富に含まれていることで知られています。老化を抑えて美肌に貢献するぶどうの成分は、皮ごと摂取することが効率的に得る一番の近道。ただし、巨峰のような固い黒ぶどうを皮ごと大量に食べてしまうと下痢などになる危険性があるので、そのようなものは加工してからの方が良いようです。それ以外のぶどうも目安は一日に100g程度、大粒のぶどう7?8粒、小ぶりのものは10粒ほどにとどめましょう。

 いずれの果物も綺麗に洗ってから食べること。特に皮をむくことが前提になっているものは、農薬が多く使用されている場合があるため注意してください。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 健康食材 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

年越しそばで新年を!そばに含まれる栄養素と健康効果

 大晦日に食べる「年越しそば」。多くの家庭で親しまれるそばには、体の中から元気になれるパワーが豊富なのをご存知ですか?  古くからの風習である年越しそばは、日本の年末に欠かせない食べ物ですね。 一説で

緑茶の健康効果、具体例4選(抗酸化作用、血糖値、殺菌作用、ビタミンC)

 健康に良いと言われるお茶。中でも“緑茶”には優れた効果が豊富で、健康的な体づくりにはもってこいと言える飲み物なのです。  日本人に馴染みの深い飲み物と言えばお茶ですね。お茶は古くから親しまれており、

ココナッツシュガーは低GIでビタミンB群・ミネラル・アミノ酸が豊富

 次に注目を集めると言われるアイテムが「ココナッツシュガー」。有名なセレブも御用達と言われる優れた食材の秘密をご紹介します。  世界で活躍するスーパーモデルの一人であるミランダ・カー。彼女がお勧めする