美容って何だろう

      2016/12/08


スーパーフードブームに仲間入り!良質なタンパク源スピルリナとは

 綺麗な人の必需品となっているスーパーフード。

最近話題の「スピルリナ」というスーパーフードに注目してみました。

s-201509-6

 高いダイエット効果、美容効果からブームとなったのがスーパーフードです。

セレブやモデルの間で話題になり、今や美に敏感な女性たちのマストアイテムとも言えるでしょう。

チアシード、アサイー、ココナッツオイルなど様々な食材がありますが、今回は「スピルリナ」という食べ物をクローズアップ!豊富な有効作用が期待できる、まさにスーパーフードです。

スポンサーリンク

スピルリナってどんな食べ物?

【熱帯地方に自生する藻類】

 らせん形の濃緑色をした単細胞微細藻類、それがスピルリナです。

アフリカや中南米の湖に自生し、現地では食糧源として重宝されてきました。

ラテン語で“ねじれた”、“らせん形の”を意味する「Spira」が名前の由来となっており、過酷な環境でも繁殖する強い生命力を持っています。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/スピルリナ

スピルリナのここがすごい!

【5大栄養素をしっかり含む】

 人間に必要な栄養素を大別すると、「炭水化物」、「脂質」、「タンパク質」、「ビタミン」、「ミネラル」の5種類に分けられます。

これを“5大栄養素”と呼び、それぞれをバランスよく摂取することが重要ですね。

現代の食事といえば、炭水化物や脂質が多くなりがちな一方、ビタミンやミネラルが不足しやすいなど偏りやすいメニューが増えています。

スピルリナはそんな現代人の救世主。

5大栄養素がスピルリナ1つに含まれるため、食事のバランスを考えるのが面倒という人にもぴったりと言えるでしょう。

【大部分がタンパク質(アミノ酸)】

 スピルリナの栄養成分のうち、65%~70%がタンパク質と言われています。

この含有率は牛肉や大豆を大きく上回り、効率よくタンパク質を補給できるのです。

スピルリナ100g中には52~80gのタンパク質が含まれるとされますが、同じ藻類ですと海藻のわかめで同量中2.0g、こんぶで11.0g、タンパク質が豊富な焼き海苔でも41.4g。

その豊富さがよくわかりますね。

【必須アミノ酸のバランスが良い】

 アミノ酸とはタンパク質を構成する成分で、アミノ酸が多い=豊富なタンパク源とも言えます。

これが当てはまるのがスピルリナなのですが、中でも食事からの摂取が不可欠な“必須アミノ酸”のバランスが良いのが特長です。

9種類の必須アミノ酸組成立はFAO(国連食糧農業機関)の基準を満たすものが多く、量だけでなく質も非常に優れている食材なのです。

【不足しやすいビタミンやミネラルの補給にも】

 B群にC、D、E、Kといったビタミンと、鉄分にカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどのミネラルを含むスピルリナ。

これらすべてのビタミン、ミネラルを普段の食事から摂取しようとなると、一回分の食事メニューを考えるのも一苦労ですね。

ただでさえ不足しやすい栄養素ですから意識的に摂りたいはず。

偏りがちな食事が多い人のための食材といっても過言ではないでしょう。

【食物繊維と良質な脂質も含む】

 食物繊維といえば便秘解消に有効として知られますね。

リノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸にはコレステロール値を減少させる効果があり、どちらもスピルリナに含まれます。

コレステロールを下げて余計なものを素早く排出する働きが期待でき、健康的にダイエットを進められるでしょう。

スピルリナはどうやって摂取する?

【サプリメントや粉末が一般的】

 藻類であるスピルリナがそのままの姿で食べられることはほとんどないと言われています。

栄養を凝縮した錠剤やサプリメント、粉末状のものを摂取するのが一般的です。

食事の一品というより、足りない栄養を補うサポートアイテムとなりますね。

必ずその製品ごとの摂取量を守って取り入れるようにしましょう。

参考:スピルリナの摂取量の目安は? | サプリメント大学 | サプリ

スピルリナの美容・健康効果

【美肌・美髪・アンチエイジング】

 良質なタンパク質は健やかな肌や髪に必要不可欠。

ビタミンやミネラルも同様で、綺麗な体を作る過程で様々に作用し合っています。

バランスのとれた栄養摂取で免疫力を上げれば、細胞が活性化し老化予防にも役立つでしょう。

【ダイエットや病気予防】

 上述の通りダイエットにも大きく貢献してくれるでしょう。

排出されるべきものが溜まれば体重増加に繋がるだけでなく、免疫力の低下や肌荒れなどほかのトラブルの引き金にもなります。

食物繊維でスムーズな排出を心がけ、コレステロールの低減により生活習慣病の予防にもなりますね。

参考サイト

ジャパン・アルジェ株式会社

おすすめ記事

「動物性」と「植物性」、タンパク質はバランスよく摂取することが重要

老化を早める食事には「糖分」が深く関わっていた?劣化タンパク質「AGEs(AGE)」

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 健康食材 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい