美容って何だろう

      2017/07/28


茶葉の栄養を丸ごと摂れる「抹茶」は美肌やダイエット、口臭予防に効果的

 和を代表する食材“抹茶”。

日本のみならず海外でも受けている理由は、優れた美容・健康効果にありました。

2015-07-30-5

 日本の「抹茶」に米国のセレブたちも注目していると言われています。

ニューヨークなどには抹茶専門店も登場して人気を集めているのだとか。

日本人にとっては昔から身近な抹茶ですが、海外で注目されるほどの理由をご存知ですか?知ればこれまで以上に抹茶が好きになるかもしれません。

スポンサーリンク

抹茶に含まれる成分とその効果

【カテキンが持つダイエット、アンチエイジング、抗菌効果】

 抹茶の成分の一つに“カテキン”があります。

緑茶にも含まれるポリフェノールの一種であり、お茶の渋みの元でもあるのです。

カテキンには脂肪の燃焼を促す効果があると言われています。

また、カテキンは油の吸収を抑える働きもあり、余計な油分の摂取を抑えてくれるので脂っこい食事のお供にも良いでしょう。

油分の吸収を阻害しつつ脂肪燃焼を促進するため、ダブルのダイエット効果が期待できるのです。

 カテキンには優秀な抗酸化作用も含まれています。

活性酸素を除去して細胞の働きを元気にし、体内から老化を予防してくれるでしょう。

特に女性は肌のたるみやシワといった現象が気になると思いますが、抹茶の抗酸化作用が肌のアンチエイジング対策に効くはず。

今に季節であれば紫外線対策にも有効となるでしょう。

 食後にお茶を飲むと口臭予防になるといいますが、これにもカテキンのある作用が働いています。

口内の細菌の増加を防ぐ抗菌効果により、食後の臭いを軽減してくれるのです。

仕事の合間など歯を磨く余裕がない場合でも一杯の抹茶があれば臭いを防げそうですね。

【豊富なビタミン類による美容効果】

 ビタミンAやC、E、B2、葉酸など様々なビタミン類が含まれる抹茶。

いずれも美容に不可欠な成分ですが、複数の種類を一度にとるのは難しいですよね。

抹茶にはいくつものビタミンが含まれているので非常に効率的。

ビタミンAは粘膜を保護する作用で肌トラブルを防ぎ、ビタミンB2は脂質の代謝を助けます。

貧血気味の方に嬉しい葉酸、美白成分として知られるビタミンCのほか、ビタミンEには強力な抗酸化力があります。

いずれも美肌や美髪、ダイエットなどに貢献する栄養素ばかりです。

【ミネラルや食物繊維によるデトックス、精神安定効果】

 抹茶にはカリウムやナトリウム、カルシウムなどのミネラルも複数含まれます。

ミネラルは水分代謝にも関わっており、特にむくみに効くカリウムが豊富な点も嬉しいですね。

カルシウムには骨や歯を強くするだけでなく、イライラを鎮めるリラックス効果もあります。

一息つきたい時にも抹茶は好相性といえるでしょう。

 食物繊維も豊富で、特に不溶性食物繊維が多く含まれます。

食物繊維にお通じをよくする効果があることはご存知の方も多いでしょう。

そのほか余計な脂肪を吸着して排出する効果も持っており、そのデトックス効果がダイエットに良い影響ももたらすでしょう。

便通が促されて腸内環境が良くなれば、免疫力の強化や美肌などにも嬉しい効果が期待できますね。

抹茶がほかのお茶より優れているポイント

【茶葉の栄養をまるごと摂取できる】

 茶葉を粉末状にした抹茶の場合、葉をお湯に浸す煎じ茶と違って茶葉の成分をそのまま摂取することができます。

一般的には、煎じて飲むと栄養素の約30%しかお湯に残らず、後の70%はお茶殻に残ったままなのだそうです。

参考:すりたての粉末茶をおいしく。

– 株式会社ジャテックス

 抹茶は粉末を水などに溶かした、お茶の葉に含まれる栄養素がたっぷりと含まれた状態の飲み物。

せっかく優秀な成分があっても、摂取効率が悪いともったいないですよね。

抹茶にはそのような心配もなく、効率良くお茶の成分を取ることができるのです。

【飲むだけでない摂取方法が豊富】

 抹茶といえば飲み物以外にもスイーツやパンなど食べ物にも多いイメージがあります。

特に女性にとって嬉しいスイーツもそう。

アイスクリームやプリンなど、和スイーツの代表である抹茶系は外せないでしょう。

紅茶や緑茶など同じお茶系の食べ物もありますが、何かと抹茶系のものが目を引く気がしますよね。

飲む機会があまりない方でも取り入れやすいのではないでしょうか。

参考サイト

カテキンたっぷり!朝の抹茶ダイエット:日経ウーマンオンライン【日経ヘルス5月号】
美レンジャー | NYでMATCHAが人気!痩せて美肌に…「抹茶」の底力を再確認 – 美レンジャー

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 健康食材 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい