美容って何だろう

      2016/12/08


ココナッツシュガーは低GIでビタミンB群・ミネラル・アミノ酸が豊富

 次に注目を集めると言われるアイテムが「ココナッツシュガー」。有名なセレブも御用達と言われる優れた食材の秘密をご紹介します。

 世界で活躍するスーパーモデルの一人であるミランダ・カー。彼女がお勧めするアイテムは日本の女性たちの間でも話題になります。最近はミランダが愛用している「ココナッツシュガー」に注目が集まっているようですよ。彼女の美の秘訣の一つであるココナッツシュガーとは一体どんなものなのか、その正体や成分を解明します。

スポンサーリンク

ココナッツシュガーとは

cde597940121cb2237712ae7f34ed402_s

【ココナッツから採れる多糖類】

 その名の通り、ココナッツから採取できる糖をココナッツシュガーと呼びます。糖には単糖類、二糖類、多糖類の三種類がありますが、ココナッツシュガーは多糖類に分類されます。単糖類は分子が一つの糖であり、それ以上分解ができないもの。ブドウ糖や果糖が単糖類に該当します。二糖類はショ糖などの単糖類が二つ繋がっている糖のことで、多糖類はそれ以上となる複数個の分子が繋がった糖を指します。

 糖を摂取するとバラバラに分解して血液に吸収されますが、分子の少ない単糖類や多糖類は比較的早く分解されます。このため血液への吸収も早く、血糖値が上がりやすいと言われているのです。多糖類であるココナッツシュガーは分子が多い分、分解や吸収の過程にも時間を要します。そのため血糖値が急激に上がりにくいとされ、血管や心臓など体への負担も少ない健康的な食材とされるのです。

【低GI食材としても話題に】

 血糖値の上昇を緩やかにするココナッツシュガー。血糖値が上がるスピードに関する数値といえば「グリセミック・インデックス(GI)値」が有名ですね。ブドウ糖を100として数値化されるGI値ですが、この数字が大きい程血糖値の上昇も大きいとされます。

 体に良いと言われる蜂蜜でも90、てんさい糖ですと65。ヘルシーな主食と言われる玄米でも55とされている中、ココナッツシュガーのGI値はなんと35なのだそうです。上白糖だと99になりますから、それよりもおよそ3分の1ということになります。同じ甘い食材たちの中でもダントツに低いGI値を誇ることから、これまで使っていた砂糖類からココナッツシュガーに乗り換えている人もいるのではないでしょうか。

【糖の代謝に欠かせないビタミンB群が豊富】

 ココナッツシュガーにはビタミンB群が多く含まれています。これらは脳や皮膚などの健康維持に欠かせない成分ですが、体に溜まらないため定期的な摂取が大切です。また、糖質を代謝する際にもビタミンB群が必要となりますが、ココナッツシュガーであれば糖の摂取と同時にビタミンB群も摂れることになります。これにより効率よく糖の代謝が行われると言えそうです。

 精製された白砂糖にはビタミンB群がありません。糖を代謝するために多くのビタミンB群が消費され、不足しやすいと考えられます。特にメタボや糖尿病が気になる方は、上白糖よりもココナッツシュガーを選択した方が良さそうですね。

【体に必要なミネラル類が豊富】

 糖としてはミネラル類が豊富ななことも特徴と言えます。同じ糖である上白糖と比較してもその差は歴然で、特に多いのがカリウム。100gの上白糖に含まれるカリウムが2mgとされるのに対し、同量のココナッツシュガーには1030mgも含まれているのだそう。他にも上白糖には鉄やリン、マグネシウム、亜鉛といったミネラルはほぼゼロといって良い量しかありません。一方ココナッツシュガーにはそのすべてが含まれ、様々なミネラルをバランスよく摂取できるのです。

 人体に必要な五大栄養素の一つであるミネラル。ミネラルは体の働きを維持したり、調整する為に必要不可欠な成分です。こうした作用に必要なミネラルは必須ミネラルと言いますが、ココナッツシュガーには多くの必須ミネラルが含まれています。ミネラル不足に陥りやすいと言われる現代人。様々なミネラルをバランスよく、一つの食材で摂取できるというのは理想的ですね。

【16種類のアミノ酸をバランスよく含む】

 人間に必要な20種類のアミノ酸のうち、16種類ものアミノ酸がココナッツシュガーには存在します。特に豊富なのがグルタミン酸。これは旨味成分として有名なアミノ酸で、ストレス緩和など多くの働きを担っています。アミノ酸はあらゆる材料となるタンパク質を構成する成分。不足すれば健康的な身体づくりに支障をきたすほか、肌や髪の毛、爪など様々な部位に悪影響を与えるでしょう。

【腸内環境を整える食物繊維が存在する】

 ココナッツシュガーには難消化性食物繊維(プロバイオティクス)が含まれています。イヌリンと呼ばれるこの成分は腸内で分解されることで、腸内細菌のバランスを良好にする作用があります。おなかに優しいイヌリンの作用は便秘や下痢にも効果的といえそうですね。腸を元気にすることは、全身の免疫力強化や美肌にも繋がることでしょう。

ココナッツシュガーを使ったレシピ

 ココナッツシュガーはクセもなく、優しい甘さから様々なレシピに活用できると言われています。いつも使っているお砂糖をココナッツシュガーに変えるだけで、健康的なメニューに早変わりしてくれそうですね。とても簡単なレシピを見つけたので参考にしてみてください。

スパイスチョコレートドリンク

ピーカンナッツ 大さじ2
ココナッツシュガー 大さじ2
カカオパウダー 大さじ1
バニラビーンズ 少々
シナモン 小さじ1/2
カルダモン 少々
水 1カップ程度

以上をすべてブレンダーに入れて撹拌します。
美味しいスパイスチョコレートドリンクの完成です。

(VEGETUS ダイエットの味方!低GI値なココナッツシュガーの効能 より引用)
http://rawvegetus.com/ダイエットの味方!低gi値なココナッツシュガーの/
 
 材料を入れてブレンダーにかけるだけの非常に手軽なドリンクです。おやつやティータイムにもピッタリといえそうですね。ココナッツシュガーを上手に取り入れて、いつものメニューをグッと健康的にしてみませんか?

参考サイト

http://ココナッツシュガー.jp

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 健康食材 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

緑茶の健康効果、具体例4選(抗酸化作用、血糖値、殺菌作用、ビタミンC)

 健康に良いと言われるお茶。中でも“緑茶”には優れた効果が豊富で、健康的な体づくりにはもってこいと言える飲み物なのです。  日本人に馴染みの深い飲み物と言えばお茶ですね。お茶は古くから親しまれており、

「飲む油」は健康・美容・ダイエットに効果的

 適量の油は体にとって必要不可欠。中でも質の良い油を選ぶことが大切です。良質な油は飲んで摂取することもできるほど、体に良い影響をもたらします。  少し値段の高いものでも、良質なものを選びたい。こうした

栄養豊富な「春菊」で健康と美肌が実現!調理の工夫で苦味も消える!?

 この時期お鍋の定番として重宝する「春菊」。独特の香りが苦手な人もいるかもしれませんが、それこそが春菊の誇るパワーの正体なのです。  温かいお鍋を囲みたい季節ですね。 お鍋といえば様々な具材を一度にた