美容って何だろう

      2016/12/08


味噌には乳酸菌やイソフラボンなど美容成分が含まれます

 お味噌汁や味噌煮込みなど、和食に必要不可欠な調味料と言えば“味噌”ですね。家庭の常備調味料である味噌には、数々の美容パワーが秘められています。

味噌汁の写真

 日本の代表的な発酵食品の一つが“味噌”ですね。

大豆を主な原料とし、これに塩や麹を混ぜて発酵させたものです。

調味料として用いられる以外にも、そのままご飯の上に乗せておかず感覚で食べられる味噌も豊富ですね。

私たちに馴染みの深い味噌ですが、健康的にも良いイメージがあるでしょう。

では美容効果というとどうでしょうか。

実は健康に良いのと同じくらい、とても優秀な美容パワーを持っているのです。

スポンサーリンク

味噌に秘められた美容パワーとは

【アンチエイジング効果】

 味噌特有の茶色は“メラノイジン”と呼ばれる色素成分によるもの。

これには強力な抗酸化作用があると言われています。

老化を促すと言われる活性酸素を除去し、若々しい身体づくりに欠かせない働きが抗酸化作用です。

また、味噌は放射線除去に有効であるという話がありますが、これも放射線によって増加した活性酸素を抑制するのに効果的であるため。

メラノイジンは発酵させるほどに増加するので、味噌の色が濃いほど多く含まれているそうです。

【美白効果】

 味噌の主成分の一つに“遊離リノール酸”があります。

遊離リノール酸は発酵が進む過程で生み出される物質で、これには優秀な美白効果があると言われています。

具体的にはシミやくすみの原因になるメラニンの合成を抑える働きがあり、その対策に非常に有効なのです。

麹職人の手が白く美しいという話は有名ですね。

これも遊離リノール酸の美白作用によるものと考えられています。

また、夏場は紫外線を浴びて活性酸素も増えやすく、これがメラニンを刺激してしまいます。

抗酸化作用を持つメラノイジンとのダブルの美白効果を期待できそうですね。

20140414113458-92S

【タバコのヤニにも効果的】

 江戸時代にはキセルの掃除にも味噌が活躍していたそうです。

お湯や水では落ちなかったヤニが、味噌汁だと驚くほど綺麗になったとか。

これはヤニで黄ばんでしまった歯にも効果があるのではと考えられています。

タバコが手放せないけど、歯の色が気になる・・・そういった人にも救世主になるかも?そのほかにも味噌に含まれるビタミンB群には、タバコの有害物質を除去する働きがあるそうですよ。

スポンサーリンク

【乳酸菌とイソフラボン】

 発酵食品である味噌には豊富な植物性乳酸菌が存在しています。

これは腸内環境を整えるのに有効な物質で、便秘で悩む人にも嬉しい存在と言えるでしょう。

便秘の解消は美肌を作るのに必要であり、全身の健康維持のためにも重要なことです。

腸が元気であれば免疫力も活性化され、あらゆる病気の予防にも繋がるとされています。

 また、主成分である大豆にはイソフラボンが豊富に含まれています。

女性ホルモンの一種“エストロゲン”と同様の働きをもつため、“植物性エストロゲン”と呼ばれたりもします。

女性ホルモンのバランスを保つことは美容にとって必要不可欠。

その作用を味噌に含まれるイソフラボンが担ってくれるでしょう。

 更にイソフラボンには乳がんの発生リスクを軽減させる働きがあり、これは研究によっても認められているそうです。

その研究の中では「一日に3杯以上の味噌汁を摂取する」という条件で、乳がんの発症率が40%も低下するという結果も出ているのだそう。

特に女性とって非常に深刻な問題ですから、身近に対策できるものがあるのは嬉しいですね。

 乳がんだけでなく、胃がんや肝臓がんに対しても効果があると言われています。

このため女性だけでなく、老若男女全ての人が意識的に摂取したい食品と言えますね。

美しくあるためには健康であることが前提とも言えるでしょう。

味噌はそのどちらにも嬉しい効果が豊富ですので、日々の食事には必ず取り入れたいですね。

 定番のお味噌汁で手軽に摂取するのも良いですし、お味噌を使ったレシピを覚えて色々とアレンジするのも良いでしょう。

美と健康のためには出来るだけ毎日取り入れたいですね。

参考サイト

みそでキレイ”美容効果を検証!!
味噌には『病気予防』の効果があります。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 健康食材 ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい