美容って何だろう

      2016/12/09


ダイエットの新常識「プレミール習慣」とは

 太りにくい身体を目指す人におすすめなのが、今話題の「プレミール習慣」。これまでの食べ合わせや食べる順番ダイエットの次世代型となる方法です。

甘いものを食べる女性の写真

 ダイエット中に気になる食事内容。メニューだけでなく食べ方や食べる順番も大切ということはご存知の方も多いでしょう。食材ごとに食べる順番を変えるだけで太りにくいという、食べ順ダイエットも流行しましたね。今回取り上げる「プレミール習慣」も話題になっているダイエットの新常識。いつもの生活に取り入れるだけで太りにくい体に近づけるかも?

スポンサーリンク

プレミール習慣とは

 「ミール(meal)=食事」と「プレ(pure)=前」を組み合わせたプレミール習慣。食事の前に行う行動のことを指し、ダイエットの新たな習慣として注目されています。言葉の通り、食事の前にある行動を起こすことで太りにくい体を目指すというもの。いつもの生活にちょっとプラスするだけなので、手軽に始めやすいかと思います。

食事で始めるプレミール習慣

 メインメニューを食べる前にある食材を摂取するのが食事のプレミール習慣です。食べ順ダイエットでは、タンパク質や炭水化物を食べる前に野菜などの食物繊維を食べるのが基本ですよね。先に食物繊維を豊富に摂ることで、後で食べる糖質や脂質の吸収を抑えることが出来るためです。プレミール習慣でも同じ要領で取り入れたい食事があります。

【野菜ジュース】

 食前に野菜ジュースを飲むことで血糖値が急激に上がるのを防ぐことができるのだそう。おすすめは100%の野菜ジュース。水溶性食物繊維が豊富な100%ジュースを先に摂取しておきましょう。

【豆乳】

 豆乳には豊富な大豆イソフラボンが存在します。これには脂肪の吸収を抑え、基礎代謝の向上をサポートする働きがあるそうです。脂っこい食事の前にも重宝しそうですね。

【ヨーグルト】

 野菜ジュースと同様に、血糖値の上昇を緩やかにする作用が期待できます。特に無糖のものならヘルシーでお腹も満たされるのでダイエットにうってつけですね。

【グレープフルーツ】

 糖分や脂質代謝に働きかける成分が含まれるグレープフルーツ。食後に起こる血糖値の急上昇を抑え、脂肪の蓄積を緩和します。グレープフルーツの爽やかな香りにも食欲を抑える作用が期待できるそうです。

【オリーブオイル】

 少量を摂取することで満腹感を得ることができ、食べ過ぎを防止します。また、オリーブオイルに含まれるオレイン酸の作用により、中性脂肪が付きにくくなるのだそうです。

運動で始めるプレミール習慣

 食事をする前の運動もプレミール習慣の一つです。食べる前に軽く運動することで、食べすぎの防止に繋がると言われています。ハードなものではなく軽いものでOKなので、普段運動を習慣づけていない人でもチャレンジしやすいのでは?

【ストレッチやウォーキング】

 食事前に軽くウォーキングすることでアドレナリンの分泌を促し、食欲を抑える効果が期待できます。また、運動することでその後の食事で摂取する糖が筋肉に行き渡りやすくなり、糖代謝の向上にも繋がるのだそう。軽く体を動かすということで、自宅で簡単にできるストレッチなども有効でしょう。

【入浴や乾布摩擦】

 入浴を行うと血流が良くなるといいますが、これは体表面の血流だそうです。一方で胃腸など内部の血流は減るため、活動が抑えられて食欲が減退しやすいそう。また、乾布摩擦を行うことで自律神経が安定し、こちらも暴飲暴食を予防する効果が期待できるようです。乾布摩擦によって代謝もアップしますから、エネルギーの消費効率も高まると考えられるでしょう。

食事と運動でプレミール習慣を取り入れよう

 食事と運動、両方を取り入れられたら理想ですが、手始めにどちらか一つから実践してみるのも良いでしょうね。まずは続けて行い、日々の習慣として当たり前にすることから始めてみてはいかがでしょうか。継続することで太りにくい体を目指し、リバウンド知らずの生活を送りたいですね。

参考サイト

食べ過ぎ防止は食事前の『プレミール習慣』で解消!
話題の新習慣!食事前の『プレミール習慣』で夏太り予防!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 生活改善ダイエット

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい