美容って何だろう

      2016/12/09


お酢がダイエットや美容に効く理由と飲むタイミング

 昔はお酢といえば調味料の一種として認識されていたものでしたが、数年前から「飲むお酢」と称して黒酢やリンゴ酢などそのまま飲めるお酢が流行しました。

detox_noword
お酢のパワーを利用した健康食品やサプリメントなども販売されているようです。

そうした変化の理由には、お酢に秘められた高い健康効果を始め、美容やダイエットにも効果が期待できるとわかったからです。

今回はそんな嬉しい効能の一つである、お酢の「ダイエット効果」について注目してみました。

スポンサーリンク

お酢がダイエットに効く理由

ビタミン・ミネラルが豊富

 お酢に含まれる成分として、有機化合物である「クエン酸」、「コハク酸」、「リンゴ酸」、「アミノ酸」といった栄養素のほか、ビタミンやミネラルなどがあげられます。

特にお酢の主成分となる「クエン酸」、黒酢などの多く含まれる「アミノ酸」は有名ですね。

「クエン酸」には疲労回復効果があることで知られています。

また、体内に十分クエン酸がある場合は、脂肪の蓄積を抑制することもできるといわれています。

MON_7897

アミノ酸は新陳代謝を活性化

 「アミノ酸」には新陳代謝を向上させる効果があります。

脂肪燃焼効率を高めてくれるのでダイエットに最適なのです。

アミノ酸は毎日消費し続けられている栄養素なので、活発な生活を送るためにはその補給が必要となってきます。

人が生きていく上では20種類のアミノ酸が必要とされており、そのうちの11種類は体内で生産できますが、残りは外からの摂取により補わなければなりません。

アミノ酸の豊富な黒酢にはその20種類が含まれているとされ、このことから飲むだけで代謝を上げダイエットに繋がると言われてきたのです。

海藻類や黒豆、黒糖、黒酢。黒い食材は美を保つ成分が豊富

アルカリ性の食品である

 また、現代の食生活は体内が酸性に傾きやすいとされていますが、お酢を摂取することでアルカリ性へと近づくことができます。

人間の体は弱アルカリ性に保たれていることが健康と言われており、お酢を摂ることで代謝を向上させ血液をサラサラにし、老廃物をスムーズに排出できる痩せやすい体を作ることができるのです。

 体の疲れを取り、新陳代謝を高めて脂肪燃焼を促進することで痩せやすい体質になる。

こうした有機化合物同士の相乗効果によって、お酢はダイエットに非常に効果の高いものとして取り上げられるようになりました。

お酢パワーで美肌づくり

スポンサーリンク

ダイエットに効果のあるお酢選び

 今では様々なバリエーションのお酢が売られているので、一体どれを買えば良いのか迷ってしまいますよね。

そのまま飲むお酢で言えば、飲みやすさを重視したものからフルーツ、玄米といったものから作られているもの、ほかの栄養素も取り入れられるものなど多様に存在します。

その種類により栄養素やその含有量も異なってきますので、効果はもちろん味や飲みやすさなども様々となります。

毎日飲み続けられるものを選ぶ

 お酢を飲む上で大切なことの一つに「毎日続けること」があります。

一度にたくさん飲んだからといって、すぐにその効果を得られる訳ではありません。

適切な量を毎適切な時に摂取することが重要なのです。

よって、毎日続けて飲むことのできる、自分に合ったお酢を選ぶということがポイントと言えるでしょう。

成分や効果はもちろん大切ですが、続けることができなければ意味がありません。

飲みやすさにも考慮し、好みのお酢をセレクトしてください。

フルーツビネガーで酢の効果を美味しく手軽に

多様な効果を持つ「リンゴ酢」、飲む以外の活用法も

お酢はいつ飲むのが良い?

食中の摂取がおススメ

 ダイエットに貢献してくれるお酢ですが、酸が強いのも特徴の一つ。

空腹時にそのままを飲んでしまうと、胃酸の酸度が上がってくる場合が多く、胃壁が荒れる一因になります。

よって、お酢の摂取は食後、或は食中に行いましょう。

特にダイエットを最優先するならば、食中に摂取することで血糖値の急上昇を抑制させる効果があるのでおすすめです。

食後に摂取すれば、胃液の分泌を促進するので食べ物の消化を助けてくれるでしょう。

 また、そのまま飲めるお酢もありますが、酸が強いことから水などで薄めて飲んだ方が良いものも多いかと思います。

ラベルやパッケージに記載されている方法を読んだ上で、炭酸や牛乳など飲みやすいものと合わせて摂取するのも良いでしょう。

2014-03-07作成
2014-08-19再編集

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 食事ダイエット , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい