美容って何だろう

      2019/03/04


代謝が落ちてきた中年世代にも!脂肪を燃やす果物「アロニア」がすごい

 年をとって痩せにくくなり、ダイエットは諦めた・・・そんなあなたにもオススメなのがダイエットフルーツ「アロニア」です。

2015-07-30-3

 多様な健康・美容効果を秘めているフルーツ。

中でもダイエットに役立てられることは多く、バナナやリンゴはその代表格ですね。

今回取り上げるフルーツもダイエットに効果的と言われるものです。

「アロニア」と呼ばれる果物ですが、日本ではあまり馴染みの薄い名前ですね。

ダイエットを諦めた中年の方にも嬉しい効果があるとか!?

スポンサーリンク

アロニアってどんな果物?

【ベリー系果物の一種】

 アロニアの原産は北アメリカ東部で、バラ科の落葉低木になる果実です。

英語ではチョークベリーと呼ばれ、赤く実る果実と黒く実る果実(ブラックチョークベリー)があります。

寒さに強く、国内では北海道を始め岩手県などでも栽培されています。

【ポリフェノールが豊富】

 植物に含まれる有効成分ポリフェノール。

アロニアにも豊富なポリフェノールが存在しており、美容と健康に多大な効果をもたらすといわれています。

特に豊富なのが“アントシアニン”。

ブルーベリーに多いことで有名なアントシアニンですが、アロニアの方がより豊富と言われています。

眼精疲労や目の機能改善に有効なアントシアニンは、目の疲れを招きやすい現代人にとって重宝する成分になるでしょう。

アロニアがダイエットに効く理由

【コレステロールや脂肪を減少させる】

 ポーラ化成工業が行った試験によると、アロニアベリーエキスが皮下脂肪面積を減少させることが確認されたそうです。

試験では1日あたり生果実18gに相当するエキスを12週間摂取しており、その結果アロニアが脂肪を熱に変換しやすいことがわかっています。

中でも加齢によってつきやすく落ちにくい皮下脂肪を燃焼させる効果に優れ、気になるお腹周りにアプローチすると考えられています。

参考:ポーラ化成、バラ科「アロニアベリー」の皮下脂肪低減作用を確認 – 化粧品業界人必読!日刊コスメ通信 | 週刊粧業

 脂肪の分解を促すほかにも血液中の中性脂肪、悪玉コレステロールを減らす作用もあると言われています。

これらの作用により血液の浄化、それに伴う生活習慣病の予防効果も期待できるでしょう。

【豊富な食物繊維で便秘を解消】

 アロニアに含まれる食物繊維の量はバナナの6倍とも言われます。

豊富な食物繊維によって便通をスムーズにさせれば、腸内環境の正常化や免疫力の強化に役立ちますね。

不要なものが溜まるとダイエットに支障をきたすだけでなく、肌荒れや体調不良など多くのトラブルが発生しやすくなります。

ダイエットだけじゃないアロニアの効果

【抗酸化作用によるアンチエイジング効果】

 ポリフェノールには強力な抗酸化作用があります。

体内から老化を進めてしまう活性酸素を取り除くには、抗酸化力の高い成分が必要です。

アロニアに含まれるアントシアニンを始め、植物由来のポリフェノールには優秀な抗酸化作用があることで知られています。

活性酸素は紫外線を浴びることでも増加しますので、夏場の紫外線対策を体の中から行うのにもアロニアが活躍するでしょう。

【目の機能改善、発ガン抑制効果】

 先述のとおり豊富なアントシアニンによる目の疲労回復、機能改善の効果が期待できます。

それ以外にも発ガン抑制物質“β-クリプトキサンチン”が多く存在し、がん予防にも効果的といえるでしょう。

加工品で取り入れるアロニア

 生では渋みが強すぎて食べにくいと言われるアロニア。

ジュースやジャム、果実酒など加工品として取り入れるのが良いようです。

アロニアソースはヨーグルトとの相性も良いのだそう。

最近ではチョコレートにも活用されているようですね。

【サプリメントで手軽に摂取】

 アロニアのサプリメントも注目を集めているようです。

オルビスの「スーパーアロニア」には3倍濃縮のアロニア成分が含まれているとされ、効率的な摂取が手軽に行えますね。

ドリンクと粒の2タイプがありますから、好みや続けたい期間に合わせて試してみてはいかがでしょうか。

オルビス「スーパーアロニア」:http://www.orbis.co.jp/small/6203050/

参考サイト

奇跡のフルーツ「アロニア」の脂肪燃焼効果とは | 美肌レシピ
北海道産小果実「アロニア」 | さっぽろもぐ~

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 食事ダイエット , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

満腹なのに痩せる?「マイナスカロリーダイエット」とは

 ダイエット中でもお腹一杯食べられたら・・・そんな貴方の願いを叶える、かもしれないダイエット法が「マイナスカロリーダイエット」です。  世間では「食べれば食べるほど太る」というのが常識です。特にダイエ

置き換えダイエットの仕組みとリバウンドの危険性

 通常の食事を置き換える「だけ」という手軽さからどんどんその数を増やしているダイエットといえば、ご存知「置き換えダイエット」。 身体を動かすのが面倒という人には正にうってつけですね。 しかし、置き換え

ダイエット食にもなるオートミールの成分と食べ方

 ダイエット食材として人気の「オートミール」。豊富な栄養価を誇り、健康的に痩せられる食事の一つとして知られています。  忙しい朝のご飯には簡単にできるグラノーラを活用している人も多いでしょう。 牛乳や