美容って何だろう

      2016/12/09


ダイエット食にもなるオートミールの成分と食べ方

 ダイエット食材として人気の「オートミール」。豊富な栄養価を誇り、健康的に痩せられる食事の一つとして知られています。

2015-08-13-2_noword

 忙しい朝のご飯には簡単にできるグラノーラを活用している人も多いでしょう。

牛乳や豆乳と混ぜるだけで手軽に美味しい朝食になるグラノーラ。

この材料にもなっているのが「オートミール」という食材です。

オートミールはアメリカで定番の朝ごはんとして知られており、非常に栄養価の高い食べ物でもあります。

スポンサーリンク

オートミールの成分や効果

4fdef01df39f43210bfd69d1baff5c71_s

【カルシウムと鉄が豊富】

 穀物の一種であるオートミール。

同じく穀物である白米や玄米に比べても栄養価が高いと言われています。

まず多いのがミネラル類であるカルシウムや鉄

可食部100g中のカルシウムは47mg、鉄は3.9gとなっています。

白米のカルシウムは5mgで鉄は0.8mg、栄養豊富と言われる玄米ではカルシウム9mgで鉄が2.1mg含まれています。

特にカルシウムに関しては抜きん出て豊富であることがわかりますね。

 カルシウムが骨や歯にとって重要な成分であることはご承知のとおり。

成長段階の子供にとっても大切な栄養の一つでしょう。

他にも興奮や緊張を緩和し、イライラを鎮める効果があります。

高血圧や動脈硬化、骨粗しょう症の予防にもカルシウムが役立つと言われているのです。

【食物繊維が豊富】

 100gのオートミールには9.4gの食物繊維が含まれており、水溶性のものが3.2g、不溶性のものが6.2gを占めます。

一方白米のそれは総量で0.5g、玄米でも水溶性が0.7gで水溶性が2.3gの総量3.0gとなっています。

玄米も豊富な食物繊維からお通じを良くする効果で知られますが、オートミールはそれをはるかに上回る含有量なのです。

 便通を良くすることで腸内環境が良好になると、全身の免疫力アップも期待できます。

また、腸美人は肌美人というように、肌荒れをよせつけない健やかな肌のためにも腸の状態が大切なのです。

食物繊維たっぷりのオートミールをとれば、頑固な便秘にも大きな効果が望めそうですね。

各成分引用元:http://fooddb.mext.go.jp

食物繊維はコレステロール低下にも効果あり
 お通じ解消効果だけでない食物繊維の魅力がコレステロールの低下作用

中でも病気などの危険因子とされる悪玉コレステロールに有効に働き、その増加を緩やかにしたり排出する効果があります。

直接悪玉コレステロールに働くのは水溶性食物繊維ですが、不溶性食物繊維も腸内のコレステロールを排出するのに役立つのでいずれも重要となるでしょう。

オートミールにはこの両方が豊富に含まれるため、便秘解消とともにダイエットや生活習慣病などにも良い影響をもたらすと考えられますね。

【低GI食品なのでダイエットにも向いている】

 食事を行うと血糖値が上昇しますが、この上昇の度合いが緩やかなものを低GI食品と呼びますね。

血糖値が緩やかに上がるためインシュリンの分泌が抑えられ、脂肪を溜め込みにくいと言われています。

オートミールも低GIに分類される食品。

ダイエット中の方以外に、筋肉トレーニングを目的とする場合などにも重宝されている食材です。

脂肪になりにくい一方で食物繊維が豊富なことから満腹感も得やすく、それが持続すると言われるオートミール。

相乗効果でダイエットに役立つことが考えられるでしょう。

オートミールの食べ方

 グラノーラに使用されているオートミールは砂糖やはちみつ、植物油が配合されるためそのままのオートミールよりは太りやすいと言えそうです。

本来の効果を効率的に得るには、食用に加工されたオートミールをダイレクトにメニューに加えるのが良いでしょう。

ミルクや水で煮込んでお粥にしたり、お菓子の材料にも使うことができます。

また、最近ではより美味しく食べるために“オーバーナイトオーツ”と呼ばれるメニューが人気のようですよ。

オートミールと材料を混ぜて一晩寝かせるだけの手軽なレシピです。

フルーツとの相性が良いのも女性には嬉しいポイントでしょうね。

参考サイト

玄米より栄養価が高い!?秋冬ダイエットは「オートミール」で決まり!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

「オーバーナイトオーツ」でオートミールをもっと美味しく!

 - 食事ダイエット , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい