美容って何だろう

      2016/12/09


チーズに脂肪燃焼効果あり?食べ方次第でチーズもダイエットに効く

 美味しい一方でカロリーが気になる食べ物“チーズ”。実は食べ方次第でダイエットの味方になることをご存知でしたか?

チーズの写真

 老若男女を問わず親しまれている食べ物“チーズ”。

そのまま食べて美味しいのはもちろん、パンやパスタ、サラダなど様々な料理に活用できる優れものです。

そして何よりもあの美味しさ。

一方でカロリーも気になるのがチーズです。

特にダイエット中は避けている方も多いのでは?

でも実はそれ、大損かも…なぜならチーズはダイエットに貢献してくれる食べ物だからです。

スポンサーリンク

チーズがダイエットに良い理由

 なぜチーズがダイエットに適しているかというと、優れた栄養価にあります。

脂肪分の塊のように思っている方もいるかもしれませんが、それよりも目を向けるべき栄養素がたくさんあるのです。

7bcda9562d38e63a547666c408dc2ae5_s

【ビタミンB2が脂肪の蓄積を防ぐ】

 チーズに含まれるビタミン類の中でもダイエット作用を期待できるのがビタミンB2。

ビタミンB2には脂肪の蓄積を防ぎ、脂肪分解を促す作用があるのです。

チーズには確かに脂肪分が多く含まれていますが、ビタミンB2を同時にとるため過剰に気にする必要はなさそうですね。

 B2以外のビタミンもそうですが、ナトリウムやカリウムなどのミネラル類もバランスよく含まれます。

エネルギー代謝にはこうしたビタミンやミネラルが様々に関係し合っていますから、複数の栄養素をバランスよく取り入れることが効率の良いダイエットの鍵となるのです。

74baa8c6b1a617a225ff20c9194d432a_s

【良質なタンパク質で健康的に痩せる】

 ダイエット中の極端な食事制限は様々な栄養不足が懸念されます。

特にカロリーの高い肉類などを避けるとタンパク質が足りなくなる危険性が。

タンパク質は筋肉や肌などを作るのに欠かせない栄養素です。

制限することで一時的に体重は減るかもしれません。

ですが不健康な痩せ方になったり、筋肉量が低下して代謝がダウンした結果太りにくい状態になることも考えられます。

 チーズのタンパク質が良いとされるのは、体内で生産できない必須アミノ酸が豊富なため。

脂肪ではなく筋肉の多い引き締まったからだ作りに最適と言えるでしょう。

また、他のタンパク質と異なり体内の消化率がほぼ100%とされています。

そのため少量でも効率良くタンパク質の摂取が可能というわけですね。

a8e10e3f9be5e4c82741947cd3fee9c6_s

【乳酸菌や酵素が腸内環境を整える】

 体重増加はもちろん、ぽっこりとした下腹や体調不良の原因にもなるのが便秘です。

万年悩まされる人も多い便秘ですが、発酵食品であるチーズが便秘を解消するのに役立ちます。

中でも便秘解消に役立つのはナチュラルチーズ。

生きた乳酸菌や酵素が含まれるナチュラルチーズは腸内環境の正常化に有効です。

豊富な乳酸菌が腸内の善玉菌を優位に立たせ、悪玉菌の増殖を防いでくれるでしょう。

冷たいまま食べないで!「ホットヨーグルト」でダイエット&便秘解消効果UP!

507706ef66ac4ca9cf4c8c6637f0e830_s

【内臓脂肪の減少効果がある】

 ラットを用いた実験によれば、チーズを食べたラットとそうでないラットの場合、前者の方が血中の中性脂肪やコレステロール、内臓脂肪が減少していたそうです。

具体的な内容ですが、双方のラットには普段より高カロリーな餌を与えることが前提で、一方にはチーズを混ぜて8週間経過を見るというもの。

 内臓脂肪細胞が含まれる脂肪が増加するとアディポネクチンというホルモンが減少するのですが、実験後のチーズを食べなかったラットにも同様のことが起きていたのだそう。

逆にチーズを食べていたラットのホルモン量は一定を維持していたというのです。

同じカロリーの食事を続けた場合でも、チーズが含まれている方が肥満を防ぎやすいと言えるでしょう。
http://lin.alic.go.jp/alic/month/dome/2007/feb/chousa-1.htm

脂肪燃焼を促す「胆汁酸」の働きを活性化すれば効率的に痩せられる?

【カルシウムが豊富なのでダイエット中のイライラも軽減】

 ダイエットとストレスは切り離せない関係です。

無理な運動や極端な食事制限でイライラが溜まってはいませんか?

チーズにはイライラの解消に有効なカルシウムが大変豊富に含まれており、プロセスチーズ100gで牛乳600ml分と同じ量が補給できると言われています。

 カルシウムが不足すると骨や歯に悪影響ということは有名ですね。

それ以外にもホルモンバランスの乱れやイライラしやすくなる危険性があります。

心身ともに健康を維持しながらダイエットを成功するためにも摂取しておきたい栄養素なのです。

スポンサーリンク

ダイエット中にチーズを食べる際の注意点

【チーズに足りない栄養素の補給】

 チーズにはビタミンC、食物繊維が不足しています。

このためこれらを補える野菜や果物を一緒に食べると良いでしょう。

生でも加熱しても美味しく食べられ、アレンジも様々に効くのでどんな食材と組み合わせるのにも苦労しないでしょう。

【やっぱり食べ過ぎはNG】

 当然ながら、どんなに優秀な食材でもそればかりを極端にとるのはNGです。

チーズも同様に食べ過ぎればカロリーオーバーを招いてしまいます。

また、塩分もそれなりに含まれるので塩分過多にも注意しましょう。

cda121ae3a606787e716b708e32eda7e_s

【プロセスチーズよりナチュラルチーズ】

 上述したようにチーズの持つ効果を最大限得たい場合、プロセスチーズよりもナチュラルチーズの方が適しています。

プロセスチーズとはナチュラルチーズを加熱溶解し、乳化剤などを加えて成型したもの。

保存に適したチーズで身近にある一方、製造過程で乳酸菌が死滅するので整腸作用は期待できないでしょう。

 一方、原料乳から水分を抜いて発酵・熟成させたものがナチュラルチーズ。

生きたままの乳酸菌が得られるので、チーズのダイエット効果を十分に得られるはずです。

更に言えばハードタイプで熟成したナチュラルチーズがより有効作用が高いそうですよ。

 これ以外にも、チーズの種類によってカロリー量などが大きく異なります。

生クリームが添加されているものなどは高脂肪・高カロリーになりやすいので気をつけましょう。
 

栄養万点のチーズで健康的にダイエットを

 栄養価の高いチーズなら栄養が偏る心配も少ないですね。

チーズ好きの筆者にとっても朗報となりました!

賢く取り入れて無理のないダイエットを目指しましょう。

参考サイト

チーズダイエットの成功秘訣!

ダイエット中はチーズを食べる?食べない?

ハツラツ女子、すこやか男子を作る、脅威のチーズパワー!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

ピザ好きに朗報!「ピンサ」はピザに似たレシピで低カロリー

代謝が落ちてきた中年世代にも!脂肪を燃やす果物「アロニア」がすごい

ダイエットの常識を覆す!“高炭水化物”で痩せられるって本当?

“笑い”はダイエットに効果的!笑うことで筋肉を鍛え代謝アップ

オリーブオイル納豆でダイエット?痩せられないあなたには食べるダイエット

 - 食事ダイエット , , , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい