美容って何だろう

      2016/12/09


満腹なのに痩せる?「マイナスカロリーダイエット」とは

 ダイエット中でもお腹一杯食べられたら・・・そんな貴方の願いを叶える、かもしれないダイエット法が「マイナスカロリーダイエット」です。

フルーツの写真

 世間では「食べれば食べるほど太る」というのが常識です。特にダイエット中には摂取カロリーが大切なポイントで、制限するにあたりお腹一杯食べられないという場合もあるでしょう。そんな常識を覆す、かもしれないのが「マイナスカロリーダイエット」と呼ばれるもの。これは「食べるほどに痩せる」食品を摂取することで、お腹一杯食べてもダイエットが可能になるというものだそうです。

スポンサーリンク

マイナスカロリーダイエットとは?

 食べるほどに痩せる、とはどんな食品なのでしょうか。マイナスカロリーダイエットに用いる食品のことを“マイナスカロリー食品”と呼びます。マイナスカロリー食品とは、食品自体のカロリーよりもそれを消化するのに消費するカロリーの方が大きい食べ物のこと。私たちは食事をし、胃や腸で消化・吸収を行います。その際に必要なエネルギーが、摂取したエネルギーよりも大きいために食べても痩せる、という理論なのです。

マイナスカロリー食品の例

【野菜】

 アスパラガスやブロッコリー、キャベツ、人参など比較的身近な食材にも存在しているようです。そもそも野菜を食べ過ぎて太るという話はあまり聞いたことがないですよね。マイナスカロリーのみならず栄養素も豊富な野菜たち。総じてヘルシーなダイエット向きの食材と言うことは間違いないでしょう。

【果物】

 リンゴやみかん、いちごといった手軽に手に入る果物のほかにも、ライムやクランベリー、パパイヤなど多くの果物もマイナスカロリー食品に分類されるのだそう。リンゴといえば、一時期は“リンゴダイエット”なるものも流行しましたね。リンゴは医者を遠ざけるということわざもあるほど健康に良い食材ですし、整腸作用も抜群。安価に購入できるもの魅力の一つでしょう。

マイナスカロリーダイエット、科学的な根拠は?

 理論上は食べれば痩せるというマイナスカロリーダイエット。果たして科学的な研究結果はあるのでしょうか。日本の論文を探す「CiNii Articles」というサイトで検索してみた結果、国内ではそのような研究に関する論文はないようです。国外では何かしらあるかもしれませんが、ネット上では今のところ大きな研究結果などは見受けられないようですね。

 また、マイナスカロリー食品というのはおそらく生のままの状態を指すでしょう。加熱調理すれば性質も変わってきますから、当然消化に必要なエネルギーも変動するはず。ものによってはマイナスカロリー食品から外れてしまうかもしれませんね。

カロリーを消費するためにはタンパク質やビタミン、ミネラルも必要

 マイナスカロリー食品はあくまで“カロリー”の量のみに焦点が当てられたもの。実際カロリー消費が行われるためには、タンパク質やビタミン類、ミネラル類など多くの栄養素が関係し合っています。このことからもマイナスカロリー食品だけ食べていればダイエットできる、というのは早合点と言えるでしょう。バランスよく栄養を得なければ効率よくカロリー消費もできないということ。ダイエットどころか体調不良を招く恐れも考えられますね。

栄養バランスを考慮しながら上手に取り入れよう

 マイナスカロリー食品は野菜や果物なので、確かにカロリーは低くヘルシーなダイエット向きのものです。しかし、やはりそれだけで痩せようとするのは危険で、特にタンパク質の不足が懸念されるでしょう。タンパク質は骨や筋肉など全身の材料となるほか、新陳代謝にも関わる重要な物質。不足すれば健康的に痩せることはできないでしょう。

 マイナスカロリー食品に着目するのは良いと思いますが、あくまでバランスを考慮した上での話でしょうね。他の栄養素が不足し過ぎないよう注意し、野菜や果物の選択にはマイナスカロリー食品を目安にする。このように、あくまでもダイエット中の食品選びに関する参考目安とした方が良いかもしれませんね。

参考サイト

食べるだけでダイエットになる、マイナスカロリー食品って?

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 食事ダイエット , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

ダイエット食にもなるオートミールの成分と食べ方

 ダイエット食材として人気の「オートミール」。豊富な栄養価を誇り、健康的に痩せられる食事の一つとして知られています。  忙しい朝のご飯には簡単にできるグラノーラを活用している人も多いでしょう。 牛乳や

スパイス効果だカレーダイエット

 高カロリー、高エネルギーな食事はダイエットの天敵。 ダイエットの常識とも言えることなのですが、もしもそんな高カロリーな食事を食べて痩せることができたら…。 そんな夢の様な話をご存知でしょうか。 以前

ダイエット効果も期待できるグルテンフリーな食材「バナナ粉」

 欧米を中心に話題のダイエット法「グルテンフリーダイエット」。これに活用できる新たな食品「バナナ粉」に注目が集まっています。  小麦粉の摂取を断つ「グルテンフリーダイエット」をご存知の方も多いでしょう