美容って何だろう

      2016/12/09


筋トレとダイエット、切り離せない二つの関係

バランスボールで運動する女性の写真
「筋トレ」と「ダイエット」はしばしば混同して考えられます。ダイエットに筋トレが付随することも珍しくなく、どちらかというと当たり前とも言えます。筋トレとは、筋肉トレーニングのことであり、筋肉(筋力)を増大させることが目的です。ダイエットは、体重の数値を始め、身体の余分な肉を落とすということが目的のもの。改めて中身を比べてみると、なんだか相反しているような気がしませんか?

スポンサーリンク

なぜ「筋トレ」と「ダイエット」はセットになる?

 先述した双方の目的だけを見ると、この二つが結びつくことは考えにくいように思えます。ですが実は、もっと根本的なところで両者は結びついています。

筋トレすると筋肉が肥大する

 筋トレで筋肉を増大させる仕組みとして、筋肥大が行われる必要があります。筋トレすることで筋肉の破壊が行われ、その回復がはかられる際にもとよりも太くなります。これが繰り返されることで、徐々に強靭な筋肉が作り出されるのです。二の腕にできる「力こぶ」も、筋トレで負荷をかけ続けたことで、修復が繰り返され肥大した筋肉の一部なのです。

筋繊維が太くなると基礎代謝が上がる

 筋肉がつくということは、筋繊維が太くなるということ。筋肉や筋組織を構成する細胞である筋繊維は、太くなるとその分必要となるエネルギーも増加します。更に筋肉は絶えず合成と分解を繰り返しており、それにもエネルギー消費を要します。筋肉が増大して筋繊維が太くなるということは、これらのエネルギー消費量が増えるということに加え、基礎代謝量も向上します。従って、全体の消費カロリーの量が増えるということになります。ちなみに、体脂肪の増加によっても基礎代謝は向上します。

ダンベルを使って筋トレする女性の写真

ダイエット=余分な脂肪を落とす

 さて、一方の「ダイエット」ですが、これは皆さんご承知のとおり、体重を減らしたり目に見えるスタイルを細くすることが目的です。体重を減らすには、身体についている余分な脂肪を落とすという考えに至ります。その方法には様々ありますが、大別すれば運動、食事制限の二つということになるでしょう。そして多くは、その両方を取り入れたダイエット方法のようです。

運動によるカロリー消費と基礎代謝によるカロリー消費

 「運動」を用いてのダイエットの仕組みは、運動することで消費カロリーを増やし、脂肪を燃焼して体重を減らすというもの。脂肪が燃える際にはどこから燃えるかというと、筋肉になります。消費カロリーが気になるダイエットですが、よく言われるのは上でも挙げた「基礎代謝」という言葉です。基礎代謝とは、私たちが生きているだけで消費されているカロリーのこと。心臓が動いて呼吸をし、体温を保つなどの生命維持活動だけでカロリーは消費されているのです。基礎代謝をあげた方が良いと言われるのはそのため。基礎代謝量を向上させ、特別な運動などをせずとも消費エネルギーをあげることでダイエットが容易になるという理屈です。

 ここでようやく、筋トレとダイエットが結びつきました。先ほど筋トレをすれば筋細胞の増加などにより基礎代謝量が向上すると述べました。これこそが消費カロリーを増やしたいダイエットに有効とされる所以です。身体を鍛えると痩せやすく太りにくい身体になると言いますが、基礎代謝量が上がるためにこれまでと同じ食事内容や生活でも多くのカロリーを消費できるからなのです。

エネルギー消費は基礎代謝が中心

 人が一日に消費するエネルギーを100%とした場合、そのうちの60?70%は基礎代謝によって消費されるといわれています。更に残りの20?30%が運動での消費、10%ほどが食事によって消費されるといわれています。基礎代謝は年齢や性別などにより個人差もありますが、一般的に男性の方が高く、女性は低い傾向にあります。消費するエネルギーのほとんどが基礎代謝ということは、筋トレで基礎代謝を上げることがいかに重要であるかが再認識できますね。

 食事を抜いたり、サプリメントなどを用いるダイエットも現在では主流です。しかし、本当の意味での効率の良いダイエットは、やはりある程度の筋肉をつけることといえそうです。

2013-03-20作成
2014-11-28再編集

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - 運動ダイエット ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

お尻や太ももの引き締めに効果絶大「四股踏み」でダイエット

 1日10回の「しこ踏み」が、たるんだお尻を引き締めてくれるかも?もちろんそれだけではない嬉しい効果が満載です!  力士の迫力ある「しこ踏み」は見物。相撲の中でも醍醐味のしこ踏みですが、これを取り入れ