美容って何だろう

      2016/12/09


牛乳と豆乳のカロリー、ダイエット向きなのは?

 似ているけれど違う飲み物「牛乳」と「豆乳」。何がどう違い、それぞれどんなメリットがあるのかをまとめています。

a1180_006350

 私たちの身近にある飲み物に「牛乳」と「豆乳」が挙げられます。

どちらも日常的に摂取する機会が多く、コーヒーショップなどでも牛乳で作るか豆乳で作るかを選べたりしますね。

学校給食には必ず牛乳が登場する規定になっているそうで、その栄養価の高さが伺えます。

豆乳も近年人気を博す飲み物で、ダイエット中の方にも嬉しい飲み物として知られています。

名前も見た目も味も似ている両者ですが、その違いについて聞かれると・・・少し戸惑う方も多いのではないでしょうか。


スポンサーリンク

牛乳と豆乳の違い

 牛乳と豆乳の違いといえば、まずはその製造方法にあります。

牛乳はご存知のとおり牛から搾取した乳汁で、多くは生乳の脂肪分を増減させるなど加工して飲める状態になったものを指します。

一方の豆乳ですが、大豆と水を煮込んで漉した汁から出来る飲み物になります。

豆腐を固める前の液体を飲み物にしたのが豆乳です。

非常に似ていると思われる両者ですが、製造方法は全く異なります。

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s

 このことからもわかるように、その成分にも異なる点がいくつもあります。

まずはカロリー。

一般的に豆乳の方がヘルシーなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

以下は牛乳と豆乳、それぞれ種類ごとのおよそのカロリーになります(100gあたり)。

普通牛乳・・・67kcal
低脂肪乳・・・46kcal
脱脂乳・・・33kcal
濃厚牛乳・・・73kcal

調整豆乳・・・64kcal
無調整豆乳・・・46kcal

 カロリーだけで見てみると、最も低いのは脱脂乳になります。

これはスキムミルクとも言われ、食品の原材料によく使用される粉状の乳製品です。

したがって単体で飲み物となる牛乳はそれ以外のものになりますが、低脂肪乳と無調整豆乳のカロリーは同じくらいのようですね。

ちなみに低脂肪乳とは牛乳から脂肪分などを抜いて加工して出来た飲み物なので、純粋な牛乳というわけではないようです。

11389305fd6bb13a4d14c49034e6b9d3_s

 無調整豆乳というのは添加物がないもの、調整豆乳は砂糖などを加えて飲みやすく加工した豆乳になります。

従って調整豆乳の方がカロリーが高くなりやすいのですね。

ただ、飲みやすさの面で言えば調整豆乳は続けやすいのかもしれません。

無調整豆乳は独特の青臭さが強い場合が多いようですね。

スポンサーリンク

ダイエットに役立つのはどっち?

 ダイエットにはヘルシーな豆乳、と思っている人が多いと思いますが、低脂肪乳を選べばカロリーに大差はありません。

脂質の量も、普通牛乳が3.8g、調整豆乳が3.6gと僅かな差しかありません。

逆に調整豆乳に含まれる糖分や塩分の量に気をつけた方が良いかもしれませんね。

特に調整豆乳には無調整豆乳より多くの塩分が含まれているようです。

 
 双方ともにビタミンB群やパントテン酸など、脂質や炭水化物、タンパク質の代謝に必要な栄養素が含まれています。

一般的にビタミンB1が多いのが豆乳、ビタミンB2が多いのが牛乳のようなので、どちらか一方のみがダイエットに向いているとも言い難いようです。

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s

両者の大きな違いとは

 
 大きな違いとしてはまず“カルシウム”が挙げられます。

コップ一杯(約200ml)あたりのカルシウム量ですが、牛乳が220mgに対し豆乳は62mg。

カルシウムの補給で言えば圧倒的に牛乳の方が効率的です。

もうひとつは“大豆イソフラボン”。

その名のとおり大豆に含まれる成分で、女性ホルモンに似た作用を持つことで知られています。

当然豆乳に豊富な成分であり、女性らしい体作りや美肌効果が期待できるでしょう。

 
 それ以外にも豆乳の鉄分は牛乳の10倍ほどあるとされ、コレステロールを下げるのにも豆乳の方が有効と言われています。

牛乳は動物性、豆乳は植物性のタンパク質であるため、コレステロール値を下げたい方は豆乳がおすすめ。

ダイエット時に気をつけたいのがその食品の血糖値の上がりやすさ「GI値」ですが、牛乳が25、豆乳が23です。

目安は60ということで、どちらもGI値の低いダイエット向けの飲み物といえます。

 
 総評すると、どちらにもメリットが多くあるので片方だけにこだわる必要はないでしょう。

むしろ双方をバランス良く、適量を摂取することで更に効率良く栄養を摂取できると言えそうですね。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - ダイエットの悩み , ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい