美容って何だろう

      2016/12/09


脂肪が蓄積するメカニズム?体脂肪にないやすいのは「脂質」より「糖質」

 体重が増えてしまう大きな原因となるのが脂肪の蓄積です。体重が増えるだけでなく、お腹周りや足、腕などに余計な脂肪がついてしまうとスタイルを崩してしまう要因になります。脂肪がついて太る、というのは分かっていても、どのようにして脂肪がつくのか、をご存知の方はどれくらいいるでしょうか。勿論たくさん食事を摂取したから・・・ということにはなるのですが、その詳しいメカニズムを見ていけば食べた物が脂肪に変わるという現象の抑制が可能になるかもしれません。

スポンサーリンク

体脂肪にないやすいのは「脂質」より「糖質」

 実は同じカロリーの食事でも、「糖質」の量が多いメニューの方が脂肪の蓄積が起こり易いとされています。脂肪と言えば、栄養成分の中でも「脂質」の量に注意が行ってしまうという人も多いのでは?しかし、意外なことに脂質よりも糖質の量に注意した方が脂肪の蓄積を防ぐことができるようなのです。

 これには体内の「血糖値」との関わりがあります。血糖値とは、血液中の含まれるブトウ糖の量をあらわした数値のことですが、このブドウ糖が作られるもととなるのが糖質です。摂取された糖質が分解されることでブトウ糖となり、血液を介して身体のエネルギー源になります。
IMG_1281
 血糖値は食事を摂取すると急激に上昇します。この上昇をコントロールするホルモンに「インスリン」と呼ばれる物質があり、インスリンが分泌されることで血糖値の上昇を抑え、他にも様々な作用が起こります。その一つが脂肪の蓄積。ブトウ糖を中性脂肪に変化させることで脂肪細胞内に取り込み、これが脂肪の溜まってしまう原因になっているのです。

 もう一つの作用に、ブトウ糖をグリコーゲンに変化させることで肝臓や筋肉細胞内に取り込むという働きがありますが、このグリコーゲンの貯蔵容量はあまり大きくありません。従って、グリコーゲンとして取り込むことのできない糖質は脂肪として蓄積していき、余分なお肉となるため体重の増加を招いてしまうのです。

脂肪ができる仕組みから考える栄養配分

 糖質は純粋に身体のエネルギー源としての役割があります。特に素早くエネルギーに変換され易いことから、アスリートの方などの栄養戦略においては重要とされている栄養素です。しかし、上述の通りグリコーゲンとしての貯蔵容量が少ないため、過剰な摂取は脂肪の蓄積を招いてしまいます。

 糖質からエネルギーが摂取できない場合、身体は脂質などからエネルギーを補給します。脂質は脂肪酸に分解されることでエネルギー源となりますが、必須脂肪酸など体内では生産不可能な種類もある重要な栄養素です。このため、脂質を全く摂取しないということは身体においてマイナスといえ、必要量の摂取を行う必要があります。

 また、タンパク質は健康な体作りに必要不可欠な栄養素。同じく体内での合成ができない必須アミノ酸など、外からの摂取が必要な栄養素も。タンパク質は体脂肪の増加とはほぼ無関係とされているため、積極的な摂取を心がけても問題ありません。

 これらのことから、やはり糖質は控えめにして他のエネルギー源である脂質やタンパク質でカバーすることが脂肪を溜めにくい食事内容といえそうです。

「糖新生」を利用しよう

 糖新生とは、ブトウ糖を作り出す際に糖質が少なかった場合、アミノ酸や乳酸といった別の成分を原料として生成する肝臓の働きの事を言います。糖質を制限したとしてもこうした働きのおかげでエネルギーは消費され、基礎代謝が向上します。また、脂肪もエネルギーとして使用されるので自然と脂肪燃焼効果を得やすいのです。

 以上のこと以外でのダイエット中の食事における基本ですが、

摂取カロリー<消費カロリー

となることです。特に食事のカロリーを極端に減らす方法よりも、運動をして消費カロリーを増やす事の方が理想的でしょう。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - ダイエットの基本

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

カロリー・食事・運動。どんなダイエットにも共通する基本のルール

 ダイエットをしたいけど基本がわからない。色々試してもうまくいかない。そんなあなたに守っておくべきダイエットのルールをご紹介します。  置き換えダイエット、朝○○ダイエットなど、様々なダイエット方法が

ダイエットを挫折させない秘訣は心と体のバランス

 ダイエットといえば結果はもちろん重要ですが、その結果を出すためいかに続けるかもポイントです。挫折なくダイエットを続けるにはどうすれば良いのでしょうか。  ダイエットの失敗経験がある方は、その理由はな

no image
ダイエットの盲点?侮れない「飲み物」のカロリー

 ダイエット中の食事内容に気を配ることは自然なことだと思いますが、一緒に摂取する「飲み物」にまで気を配っている人はどれほどいるでしょうか。飲み物は食事を一緒に摂取するだけでなく、ちょっとした休憩時間や