美容って何だろう

      2018/01/11


爪の線や割れ、でこぼことサヨナラ。美爪習慣で目指せネイル美人!

手が綺麗な人は、それだけであらゆる所作が美しく見えます。

手の美しさを左右する「爪」の状態にも気を配っておきましょう。

美爪に必要な健康習慣をチェック

本格セルフケアを身につけてネイル美人に

ハンドモデルという職業があるほど、日本では手の美しさが注目されます。

手の状態の中でも気を抜けないのが「爪」。

爪に縦や横の線が入っていたり、割れやでこぼこが生じてはいませんか?

綺麗な手に憧れるという方も、まずは美しい爪を維持するところから始めてみて。

線やでこぼこのない健康的な爪で、今日からあなたもネイル美人!

スポンサーリンク

健康な爪ってどんな状態?

そもそも健康で美しい爪とはどのような状態なのでしょうか。

一般的に考えると、ピンク色で表面は滑らか、割れたり湾曲したりなど変形のない状態が健康な爪と言えます。

生まれつきの状態で若干の個人差はあるでしょうが、不自然な線や巻爪、すぐ割れるといった爪は不調に当てはまると言えそうです。

健康な爪を維持するのに必要な事

理想的な爪をキープするには、日頃の生活習慣が大きな鍵を握っています。

まずは基本的なことを中心に、美爪に近づくポイントを解説しましょう。

【食事バランスを整える】

栄養不足は爪の横線や割れの元になります。

次に生えてくる爪を元気にするためにも、偏った食事を改めてバランスの良い栄養摂取を心がけましょう。

爪の栄養になるタンパク質や亜鉛の補給、爪のスムーズな成長に欠かせないビタミンBやA、ミネラル類の不足にも気をつけて。

どうしても忙しい時は、サプリメントの活用も方法の1つです。

【爪を傷つけやすい要因を断つ】

どんなに爪のケアを頑張っても、異常の原因を取り除かなければ意味がありません。

食器洗いや除光液などで爪に日常的な負担を与えている人は要注意。

手袋の使用や低刺激の除光液を使う、使用後のケアをしっかり行うなどダメージの蓄積を防いでください。

押したり噛んだりといった、爪をダイレクトに傷つける癖もNG。

不衛生な爪で雑菌が繁殖すれば、炎症や爪水虫の元にもなります。

窮屈な靴による爪の変形も、年齢や性別を問わず注意したいもの。

日頃の思わぬ習慣が爪を傷つけている危険性があるので、今一度見直してみましょう。

【体調不良を疑う】

爪に出る横線は、その時の体調不良をあらわすとも言われます。

風邪などで免疫力が落ちるといった身近な不調から、肝臓の病気や糖尿病のリスクもあるのだそう。

また、爪そのものに異常がハッキリ出る疾患としては、爪水虫とも呼ばれる爪白癬(つめはくせん)、二枚爪になる爪甲剥離症などが挙げられます。

異常を感じたら早急に病院で相談すること。

爪の異常は基本的に皮膚科で受診できます。

スポンサーリンク

セルフでできるネイルケア

美爪に欠かせないのが、日々のネイルケアです。

ネイルサロンに通わなくても、自宅でできるセルフケアがあるのですよ。

家でも本格的に実践可能なケアをチェックして、美しいネイルをキープ!

【セルフネイルケアに必要な道具】

・爪切り

・エメリーボード(爪やすり)

・キューティクルプッシャー

・拭き取りクロス

・キューティクルリムーバー

・キューティクルエッセンス(ネイルオイル)

【セルフネイルケアの手順】

① ケアする爪をお湯につけてふやかす(お風呂上がりにケアしてもOK)。

② 伸びた部分を爪切りでカットする。

この時バチンと強く切るのはNGで、1〜2mmずつ、端から優しく切ること。

③ エメリーボードで形を整える。

強い力を加えず、左右に動かすだけでOK。

④ 再度爪をお湯でふやかして水分をふいたら、キューティクルリムーバーを塗る。

⑤ キューティクルプッシャーでルースキューティクル(余分な薄皮)を除去する。

絶対に強くこすらないこと。

⑥ 拭き取りクロスで浮き出た薄皮を除去する。

⑦ キューティクルエッセンスで爪を保護する。

ケアの要約・引用元:プロが教えるおうちで本格ネイルケア-渡邉さんに教わる、自宅でできる本格ネイルケア:日経ウーマンオンライン【永富千晴のBeauty Journal こぼれ話】

自宅でできる本格ケアの一例です。

薄皮の除去はセルフだとコツがいるので、そこの部分だけはプロにまかせてもOK。

爪切りの使い方を改めたり、オイルでの保護を続けるだけでも違ってくるはずですよ。

爪が美しいと体にも嬉しい!

爪の色や形が美しいと、手指もスラッとして綺麗に見えます。

それだけでも大きなメリットですが、爪の状態に気を配っておけば健康状態も敏感に察知できるでしょう。

上述の通り、爪の様々な症状は体調不良と連動しているケースがあるため。

全身の健康維持も心がけて、本当のネイル美人を目指してくださいね。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

参考サイト

爪の異常 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

「大切にしたい爪の健康」 ~ティーペック健康ニュース

 - ネイル

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい