美容って何だろう

      2016/12/09


シェーディングで簡単小顔メイク

 誰もが憧れる「小顔」ですが、元々のサイズを実際に小さくするのは至難の業。だけどメイクで小顔に“見せる”ことは、誰にでも簡単にできるのです。

791_original

 コスメの種類が豊富になった現代ですが、豊富になったのはアイテムの数や種類だけではありません。それを使いこなすテクニックに関しても随分研究がなされてきています。最近ではプロアマ問わずに高度なメイクテクニックを持つ人が増え、ブログなどそれを披露する場も多いことからメイク技術の浸透も早い様に感じますね。今回はそんな優れたメイクテクニックの中でも「シェーディング」について取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

シェーディングってどんな技?

 現代のメイクテクニックにおいて欠かせなくなってきている「シェーディング」。これはメイクで顔に陰影をつけることで、立体感を出して小顔に見せることのできる技です。芸能人やモデルの方々も多く取り入れているメイクの方法でしょう。現在はシェーディング専用のパウダーも存在し、簡単に取り入れることができます。普段のメイクにはもちろん、結婚式などの特別なシーンにも活用することができるでしょう。

 シェーディングの際に必要なコスメ。先ほどあげたとおり、現在はシェーディング用のシェーディングパウダーというものがあるので迷う必要もないでしょう。しかし、普段あまりやらないから敢えて専用品を買うのも気が引ける、という方もいるはず。シェーディングメイクにはそれ専用のものでなくとも、アイブロウパウダーやアイシャドウで代用ができます。従って初心者の方や特別な時にだけシェーディングをしたいという方は、普段お使いのコスメを使って行っても良いでしょう。ただし、シェーディングに適した色かどうかを確認した上で使用します。シェーディングに必要な色合いは次の様なものです。

 まずパールやラメが含まれていないものがシェーディングに適しています。色合いで言えば濃いベージュ系やグレー系が必要です。自分の肌の色よりも2トーンほど濃いくらいがちょうど良いレベルの色あいでしょう。同系統の色で薄め、濃いめと2種類用意するとより完成度が高まるでしょう。ブラシは大きめのものと小さめのものを用意しておきます。

シェーディングの基本的な方法

 シェーディングの前にベースメイクを済ませておきましょう。シェーディングパウダーを乗せる部分ですが、フェイスラインでいう“エラ”の部分、それから顔と前髪の生え際の部分になります。まずエラが張っている部分にふんわり影を作る様にパウダーを乗せていきます。大きなブラシで軽くなでるように、縦に入れていきましょう。髪の生え際にはエラ部分よりも少し濃いめに入れます。横にブラシを動かし、生え際に沿ってこめかみの上あたりまで自然に入れましょう。こめかみ部分にまでつけてしまうと、老け顔になってしまう場合があります。また、この2か所以外にも顎に軽く乗せる程度につけます。くるくるとブラシを回す様になじませ、あくまで軽くでOK。

 次に小さなブラシで鼻筋の脇に陰影をつけましょう。眉頭から少し離れた箇所から下へ、鼻筋に沿って入れることで立体感を出すことが出来ます。また、先ほどあげた色以外にもハイライトを用意しておき、それをTゾーンや目の下などに入れることでより顔の立体感を作ることができます。特に特別な日には全てを使いこなすことでより完璧な小顔メイクへ近づけることができるでしょう。
 
 アイブロウパウダーやアイシャドウで代用する際の注意点ですが、これらは発色の良いものが多いため、つけすぎると不自然な濃いメイクになってしまう恐れがあります。顔につける前に手の甲などで色合いを確認したり、つけた後にティッシュオフなどで自然に仕上げるなど工夫をして使いましょう。また、複数の色が入っているパレットも珍しくありません。隣同士の色が混ざらない様に慎重に使いましょう。コツさえつかめばメリハリの利いた小顔メイクがすぐに貴方のものになるはずですよ。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

小顔に見せるためのファッションや髪型のテクニック

顔やせ体操や生活習慣で表情筋を鍛えて小顔を目指そう

横顔美人になりたい!Eライン以外にもメイクや髪型で工夫できる

 - メイクアップ

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

アイメイクの色素沈着「擦って落としてはダメ」

 目元といえば、顔の中でも特に力を入れてメイクする人が多いでしょう。アイライン、アイシャドウ、マスカラ…。濃いメイクを施した目元のクレンジングはきちんと行っているでしょうか。目元には目元専用の「アイメ

ベースメイクの重要性と具体的な方法

 今やメイク道具だけでも星の数ほどが存在している(多分)時代ですので、メイクの方法も人の数だけ存在しているかと思います。さて、ご自身のメイク方法、自身を持って「完璧」と言えますか?「なんとなく」とか、

ナチュラルメイクの方法とベースやポイントメイクの基本

 様々なシーンで活躍するナチュラルメイク。単なる薄化粧、手抜きメイクにならないコツやポイントを押さえておきましょう。 ナチュラルメイクのポイントは「血色の良い素肌感」  服や食べ物に流行があるように、