美容って何だろう

      2019/06/14


ナチュラルメイクの方法とベースやポイントメイクの基本

 様々なシーンで活躍するナチュラルメイク。単なる薄化粧、手抜きメイクにならないコツやポイントを押さえておきましょう。

s-201509-4_nocoment

ナチュラルメイクのポイントは「血色の良い素肌感」

 服や食べ物に流行があるように、メイクにも年代や世代ごとのトレンドがあります。

一方で、年齢や流行にあまり振り回されずにメイクしたい、と思う方も多いはず。

そんな時はやっぱり「ナチュラルメイク」ですね。

主張しすぎないけれど、綺麗感はしっかり演出できるナチュラルメイク。

薄く化粧する、眉とファンデだけという“手抜きメイク”ではありませんよ。

初心者でもできる基本のナチュラルメイクをご紹介します。

スポンサーリンク

ナチュラルメイクの基本

c08d3b6ec64d96542f6dd8b0577b5731_s

【素肌感の出るベース作りを】

 ナチュラルメイクで重要視されるのが“肌感”です。

どのような肌感に仕上げるかでメイク全体の仕上がりを大きく左右します。

ポイントは「素肌のような仕上がり」。

ファンデーションを塗っているのに素肌っぽい、そんな自然な肌感になるようファンデやコンシーラーを使いましょう。

ベースメイクの重要性と具体的な方法

【アイメイクはブラウン系】

 どうしても濃くなりがちなアイメイク。

ナチュラルメイクには濃すぎるアイメイクはNGなので、力を入れすぎないよう注意しましょう。

アイラインを入れたい場合、ブラックではなくブラウン系のコスメを選択してみてください。

シャドウも同じくブラウンやベージュ系でなるべく肌色から浮きすぎないものを。

マスカラもラメなどが入っていないもので、ダマにならないよう薄付けを心がけましょう。

アイメイクの色素沈着「擦って落としてはダメ」

【血色をよく見せるカラーチョイス】

 自然な素肌感が重要なナチュラルメイクですが、“健康的”、“若々しい”といった要素もポイントになります。

これらの要素を出す秘訣は「血色をよく見せる」こと。

若く元気なお肌は血流がよく、明るくてツヤがありますね。

肌の血色をよく見せるには自然な色合いのチークを使うこと、クマなどの暗い部分をコンシーラーで自然に誤魔化すといった方法があります。

リップも顔を明るく見せるポイント。

薄いピンクやベージュ系を選び、グロスはほんの少し使うことで健康的かつ女性らしい印象に仕上げられるでしょう。

ナチュラルメイクのやり方

fca331037fb0579f3b598821203421ea_s

【土台作りを欠かさない】

 メイクで重要な土台作りですが、ナチュラルメイクでも同じくポイントになります。

ベースがしっかりしていないとその上に乗せるメイクも崩れやすくなるため、ナチュラルでも下地は塗っておきましょう。

【肌に合ったファンデを薄く伸ばす】

 ファンデーションは薄づきのものを選択し、自分の肌質に合ったタイプを使ってください。

乾燥肌の場合はクリームや乳液タイプ、脂性肌の場合は固形タイプなど相性の良いファンデを選びましょう。

ツヤがあるタイプですと明るさがプラスされます。

ベタ塗りせず顔の中心から外側へ薄く伸ばし、立体感を意識してメイクしましょう。

ファンデーションの種類や相性を知ろう

【コンシーラーでシミやクマをカバー】

 クマやシミ、にきび跡など特に気になる部分にはコンシーラーを使います。

指の腹でトントンと自然に見えるよう馴染ませましょう。

【アイメイクとリップメイク】

 眉毛は普段から地毛を生やして整えておき、がっつり描かなくても良いよう調整しておきましょう。

上述のようにアイライナーはブラウンで、リキッドよりペンシルタイプが自然になりやすいですね。

シャドウも肌馴染みが良いカラーを使い、淡色と濃色を重ねることで立体感も演出できます。

リップも自然な色合いのラインをはみ出ないよう引き、ベージュピンクなど顔を明るく見せるカラーを乗せると良いでしょう。

【チークやパウダー】

 チークは付けすぎると一気に素肌感がなくなるので要注意。

淡いピンクやオレンジを頬の高い位置に薄く乗せると血色がよく見えます。

リップの色合いと合わせると良いですね。

フェイスパウダーも付けすぎると不自然になりますから、仕上げに専用ブラシで払い落として薄く整えましょう。

参考サイト

すっぴん風ナチュラルメイクの方法を伝授!美肌で若く見せるちょっとしたポイント – Column Latte

ナチュラルメイクの基本テクニック!自然に見せるポイントは

スポンサーリンク

ナチュラルメイクのためにおさえておきたいポイント!ベースメイク編

 特に男性受け必至とも言われる女性の「ナチュラルメイク」。濃すぎず盛りすぎず、自然に仕上げる為のベースメイクのコツやポイントを整理してみました。

688_original

 メイクの可能性は無限大です。

ちょっと気分を上げることも、雰囲気を変えることも、更には全くの別人になれることも可能なメイク。

プロのメイクアップアーティストの技術はもちろんなのですが、最近では個人がそれぞれに自分なりの技術を磨き、プロではなくとも驚くべきメイク方法で可愛いを作り出しています。

技術だけでなくコスメも多用に開発されていて、誰でも手軽にメイクで自分を輝かせることができるのです。

 凝ったメイク、盛ったメイクはやっている本人はとても楽しいもの。

ただ、それをTPOをわきまえずに行ってしまっては周囲を引かせてしまいます。

また、男性目線で考えればやはりナチュラルメイクが理想な模様。

女性目線でいえば、少しでも可愛くなりたいがための行為なのですが、男性からすればやりすぎるよりも自然体の方が好感が持てるようです。

そもそも本当の意味でのナチュラルメイクを知らない人も多いのでは?ナチュラルメイクの本来の意味と、今回は基本となるベースメイクに焦点を当ててみたいと思います。

そもそもナチュラルメイクって?

 多くの方がナチュラルメイクのことを“すっぴんに近い状態”と思っているのではないでしょうか。

確かに、見た目がすっぴんに近く見える、ということはナチュラルメイクにおいて重要ですが、本当にほぼ化粧をしないすっぴんの様な状態、とはまた違います。

ナチュラルに見える様に一手間かけたメイクの事をナチュラルメイクと呼ぶのです。

“手抜きメイク”や“単なる薄化粧”とは別物だと思って下さい。

 具体的にいうと、素肌本来の美しさを活かしながらもシミやしわをカバーし、自然な陰影を作ることで立体感も出しつつ、全体的には薄く仕上げるメイク、となるでしょう。

言葉で具体的に表現すると、なんだか難しそうなイメージにもなりますね。

頭で考えるとそうかもしれませんが、コツやポイントをおさえて練習すれば、誰にでもできるようになるはずです。

ベースメイクの方法とポイント

 ベースメイクを行う前に、化粧水やクリームで保湿を入念に行っておきましょう。

乾燥したままでは満足のいくメイクができません。

また、UVケアも忘れずに行っておきましょう。

 下地に使うアイテムは重要です。

化粧崩れをおこなさないためという目的と、色合い別に使い分けることで肌色を綺麗に見せることが出来ます。

コントロールカラーを使いこなすには部分別に分けてみましょう。

肌の赤みを抑えるにはグリーン系、血色ある肌色にしたい箇所にはピンク系を。

イエロー系はくすんだ肌色を明るく見せ、ブルー系は透明感をアップさせます。

それぞれ肌の場所でも微妙に色合いが異なっていますので、それぞれの肌色に合わせてコントロールカラーを塗っていきましょう。

 コンシーラーを上手に使う事も自然な肌を作るのに必須です。

リキッドファンデーションの場合はコンシーラー前に、パウダリーなら後に使用すると良いでしょう。

コンシーラーは目のくまやシミ、ニキビ跡などのどうしても隠したい箇所だけに塗っていきます。

固いテクスチャのためにべた塗りすると浮きやすく、自然に馴染ませる必要があります。

使いこなすことで美肌メイクがグンとレベルアップするでしょう。

 最後にフェイスパウダーで仕上げます。

ファンデーションを落ち着かせ、化粧崩れを予防するのにも有効なのがフェイスパウダー。

肌ツヤや透明感をアップさせることでな美肌感も一層強くなるでしょう。

ファンデーションを薄くつけてもフェイスパウダーでカバーし、厚塗り感を極力なくすことがポイントです。

 ベースメイクの工程や技術もそうなのですが、基本的には素肌を活かしたいので日頃からのスキンケアも大切な要素となります。

すっぴん、メイクの双方で素肌の美しさを手に入れたいものですね。

ナチュラルメイクのためにおさえておきたいポイント!ポイントメイク編

 ナチュラルメイクのためのポイントメイクの方法。自然な仕上がりなのに断然可愛いナチュラルなポイントメイクを身につけましょう。

a0055_000175

 前回はナチュラルメイクを行うにあたっておさえておきたい「ベースメイク」のポイントについて解説しました。

今回はそれ以外のポイント別にナチュラルメイクのコツや要点をあげていきたいと思います。

ただ単に薄くしたり地味にしたり、という所謂“手抜き”感のあるメイクとは別次元のものであるのがナチュラルメイク。

言ってしまえば普通のメイクよりも手が込んでいるのかもしれません。

ポイント別、ナチュラルメイクの方法

アイブロウ

 アイブロウ、すなわち眉毛のメイクですが、ナチュラルメイクの際の眉毛もやはり自然な仕上がりが理想的です。

現在のメイクの流行もナチュラルな眉毛なので、流行りにも添える形となるでしょう。

いくら自然といってもそのままにしておくという意味ではありません。

ある程度は毛の長さや毛流れ、形、そして余計なむだ毛を整えておく必要があります。

ポイントは綺麗なアーチを描いており、ペンシルを使用した際にはかならずぼかしを入れること。

眉と肌の境目をぼかすことで眉が不自然に浮くことなく、ナチュラルに仕上がるでしょう。

髪の毛と色合いを合わせておくこともポイントです。

アイメイク

 アイメイクといえば、メイクの中でも最も濃くなってしまう印象のあるポイントです。

濃くすることで目を大きく見せることができるので、多くの方が力を入れる箇所となるでしょう。

ナチュラルメイクの場合ですが、まずアイラインを引く際の色はブラウンやネイビーがお勧めです。

黒は最もオーソドックスであり、最も瞳を強調して見せることができますが、アイシャドウの色合いも考えるとブラウン系が自然に仕上がるでしょう。

 リキッド、ペンシルと種類によっても仕上がりが異なりますが、どちらを使用するにしても幅広にべたっと引いてしまってはNG。

まつげに沿って隙間を埋める程度に、少しずつ引いていきましょう。

最後にチップでラインをぼかします。

下まぶたはラインなし、もしくは目じり側の3分の1程度にとどめましょう。

アイシャドウ

 アイシャドウもナチュラル感を重視し、肌色に合わせた色合いをセレクトしましょう。

ベージュ系だと自然ですが引きしめ感が弱いので、立体感の出るブラウン系がおすすめです。

目じり側には濃いめの色、目頭には明るい色を持ってくることできれいなグラデーションができ、さりげなく印象的な目元にしあがります。

基本的には濃くつけすぎず、陰影をつける程度に仕上げましょう。

リップメイク

 口元は男性の視線が集まるポイントでもあります。

クリームで保湿をすることは基本で、乾燥しない様にケアしておきましょう。

できればリップコンシーラーで縦ジワを目立たなくさせてからだと、より綺麗に仕上がります。

リップライナーで輪郭を描きますが、はみ出さない様に唇のラインに綺麗に沿わして下さい。

色は元々の唇の色に近いものを選ぶか、口紅の色と合わせましょう。

ラインをひいたら口紅を塗りますが、ムラがないようにまんべんなく塗ります。

その後はティッシュオフで余計な分をとり、自然に仕上げましょう。

お好みでグロスをつけることで、プルんとしてツヤのある唇が完成です。

 以上、大まかではありましたが、ナチュラルメイクの要点をあげてみました。

色あいは基本的にシックなブラウン系を選ぶことでナチュラルに近づき易いようですね。

また、前回あげたベースメイクをしっかりと作っておくことも、ナチュラルかつ綺麗な肌に見せるのには重要な工程になるようです。

この工程をマスターすれば、他のどんなメイクにも活用できそうですね。

 時には濃いメイク、盛ったメイクで気分転換を楽しむのも良いですが、どんなシーンにも対応できるナチュラルメイクはきっと貴方のメイクテクニックを向上する要素になるはず。

是非マスターして魅力アップに繋げて下さいね。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - メイクアップ

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい

まつエク持続にはオイルフリークレンジング!洗い方のコツも

 目元のおしゃれとして定着してきた「まつげエクステ」。まつげエクステをしているときにはクレンジングに対し気をつける必要があります。  メイクを楽にしてくれる、すっぴんに自信がつく。 様々なメリットで人

「色素薄い系」の基本を抑えて今すぐ流行スタイルに

 以前から急増しているメイクの傾向といえば、「色素薄い系」と呼ばれるもの。 色素薄い系というのは、北欧人のように透明感のある白い肌、ブラウンを基調に赤やオレンジ、ピンクをアクセントとしたメイク、そして

ベースメイクの重要性と具体的な方法

 今やメイク道具だけでも星の数ほどが存在している(多分)時代ですので、メイクの方法も人の数だけ存在しているかと思います。さて、ご自身のメイク方法、自身を持って「完璧」と言えますか?「なんとなく」とか、