美容って何だろう

      2016/12/09


ベースメイクの重要性と具体的な方法

 今やメイク道具だけでも星の数ほどが存在している(多分)時代ですので、メイクの方法も人の数だけ存在しているかと思います。さて、ご自身のメイク方法、自身を持って「完璧」と言えますか?「なんとなく」とか、「多分これで良いよね?」といった感じで使用している方も、実は多いと思います。

779_original

メイクのプロでもない限り、1から10まできっちりメイク術を習う機会もないでしょうし、ほとんどの方が自己流で身につけるでしょう。それが定着してしまえば、変えるという機会も理由もなく…。そんな曖昧なメイクの日々とはそろそろお別れしませんか?きちんとした手順でメイクを見直せば、信じられないほど見違えるメイクができるようになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

日頃のスキンケアがその後のベースメイク、メイクを左右する

 クレンジング、洗顔、化粧水など毎日のケアを怠ってはいませんか?いくら化粧で隠すからと言っても、大本の土台がぼろぼろなのとそうでないのでは仕上がりは歴然です。メイクをする前も当たり前ですが、洗顔と化粧水などのケアを充分行ったうえで、ベースメイクに入りましょう。

化粧下地は最も重要なアイテム

 ケア用品で肌を整えたら本格的にベースメイクに取りかかりましょう。化粧下地から塗りますが、これはメイク用品の中でも一番重要視すべきと言われるアイテムになります。昨今ではUVカット効果を兼ねるものも多く、そうしたものなら日焼け止めを塗る手間も省けるでしょう。化粧下地は適量を守り、均一に薄く延ばして塗ります。あくまで薄付きでベタベタと塗らないこと。ここで下地を塗りすぎると、この後の工程が全て崩れてしまいます。

コンシーラーで気になる部分だけを隠す

 赤みやシミなどピンポイントで気になる部分がある場合、コンシーラー(コントロールカラー)を使ってその部分だけ軽く塗ります。塗ったら指の腹などでトントンと叩き馴染ませましょう。

ファンデーションで本格的に仕上げていく

 これはパウダリーかリキッドかでも少し違ってくる工程ですが、まずはパウダリーの場合。頬、額といった面積の広い部分を先に塗り、次に顎や鼻といった順番に塗っていきます。テカリやすいTゾーンなどには薄めに塗って、化粧崩れを起こしても目立ちにくい様にしておきましょう。ここに厚く塗ってしまうと化粧崩れが目立つほか、メイクのメリハリ感もなくのっぺりとした印象になります。

 リキッドファンデの場合、先にあげたコンシーラーの前につけるという意見が多い様です。全てのケースにこれが当てはまるわけではありませんので、メイク用品の仕上がり具合などを考慮して順番を決めればよいでしょう。

フェイスパウダーやチークで一手間

 最後に仕上げ用の粉であるフェイスパウダーをはたいて完成させます。特に肌の質感をマットに仕上げたい場合は必須。また、メイク崩れを防止し化粧持ちを良くさせる効果もあります。できるだけ粒子の細かいものを選べば馴染みも良く、自然に仕上がるでしょう。色あいですが、フェイスパウダーは肌色よりもやや白っぽく作られていることが多い様です。白く浮いてしまうのが心配な方は、ベージュやピンクなど肌の色に近いものをチョイスしましょう。それでも色が気になるという場合は、ルーセントタイプ(無色)のパウダーを選ぶと良いでしょう。

 好みでチークを乗せる方もいると思います。チークの色合い次第で顔の印象も随分変わりますね。あまり濃すぎると不自然ですので、あくまでも顔に馴染む程度に乗せましょう。チークを塗るには専用のブラシを使います。チークの粉をブラシにつけ、まずはティッシュなどで余分な粉を落としてからつけると失敗しにくいでしょう。物足りない場合はもう一度繰り返すだけ。可愛らしいく見せたいならピンク系、元気な印象にしたいならオレンジ系と使い分けて使用しましょう。

 肌が上手に仕上がれば、あとの目元や口元のメイクも活きてくるはずです。まずは全体の基盤となる肌のメイクをマスターし、メイクのスキルアップを目指して下さい。

おすすめ記事

ファンデーションの種類や相性を知ろう

ファンデーション不要?ベビーパウダーの驚くべき威力とは

「ミネラルファンデ」は普通のファンデとどう違う?

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - メイクアップ

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  あわせて読みたい

眉毛のお手入れで重要な6つのポイントと必要な道具

 顔の中でもその印象を大きく左右しかねないのが「眉毛」です。女性はもちろん、男性も眉毛を整えることが当たり前となっている時代。ですが、自己流でなんとなく手をつけて、やり過ぎてしまった、失敗してしまった

「色素薄い系」の基本を抑えて今すぐ流行スタイルに

 以前から急増しているメイクの傾向といえば、「色素薄い系」と呼ばれるもの。 色素薄い系というのは、北欧人のように透明感のある白い肌、ブラウンを基調に赤やオレンジ、ピンクをアクセントとしたメイク、そして

「まつ毛」を弱らせダメにするメイクやクレンジング

 マスカラにつけまつげ、エクステ・・・良かれと思ってしている目元のおしゃれが「まつ毛」を弱らせているとしたら?  ついつい力が入ってしまうメイクといえばやっぱりアイメイクでしょう。 アイシャドウで立体