美容って何だろう

      2016/12/09


「まつ毛」を弱らせダメにするメイクやクレンジング

 マスカラにつけまつげ、エクステ・・・良かれと思ってしている目元のおしゃれが「まつ毛」を弱らせているとしたら?

s-201509-4

 ついつい力が入ってしまうメイクといえばやっぱりアイメイクでしょう。

アイシャドウで立体感を出したり、ラインで目力をつけたり。

中でも「まつ毛」の状態は目の印象をがらりと変えてくれますね。

ボリューム欲しさにマスカラやつけまつげなどを多用してはいませんか?その時は良いかもしれませんが、長い目でまつ毛を綺麗に保つためには知っておくべきこともあります。

スポンサーリンク

自まつ毛を弱らせる行為

【メイクをゴシゴシこすって落とす】

 綺麗に見せるためのメイクで自まつ毛の健康を損ねているかもしれません。

最も心配なのがメイクの落とし方。

目元のメイクはほかの部分より濃くなりやすく、しっかり落とそうとゴシゴシ強くこすったりしていないでしょうか。

顔を洗う基本中の基本は絶対にゴシゴシこすらないことです。

 強く擦ることで自まつ毛が無駄に抜けてしまったり、ダメージを与える恐れがあるでしょう。

それ以外にも擦ることがまぶたに刺激となり、その刺激から肌を守ろうとメラニンの生成が促されます。

メラニンはシミの元となる物質なので、こすればこするほどシミができやすくなるとも言えるのです。

【専用メイク落としを使わない】

 目元のメイクを落とす際、アイラインやマスカラ、アイシャドウなど特に濃いメイクを楽しんだ場合は専用のポイントリムーバーを使うのがベストです。

通常のクレンジングでは落ちにくいメイクでも、ポイントリムーバーを使うことで強く擦らずスムーズに落とすことができますよ。

通常のクレンジングで落とそうとしても落ちにくい濃いアイメイクはどうしてもゴシゴシやってしまいがち。

結果まつ毛を傷めたり脱毛につながるので、面倒でもまつ毛のためには専用クレンジングを用いるようにしましょう

【まつ毛パーマやまつ毛エクステを頻繁にする】

 最近では当たり前になっているまつ毛パーマやエクステ。

メイクいらずで目力アップに繋がるとして支持されていますが、そればかりに頼りすぎるとかえってまつ毛をダメにする危険性があります。

 パーマは髪にあてるのと同じと考えてください。

髪の毛にダメージが及ぶのと同じようにまつ毛にも負担が大きくかかるまつ毛パーマ。

頻繁に行えばまつ毛を痩せさせ、抜け毛を多くすることにもつながるでしょう。

エクステはまつ毛一本一本に人口毛を接着させる方法ですが、使用する接着剤がまつ毛に負担になると考えられます。

加えてくっつけた人口まつ毛の重さにより、普段よりも抜けやすい状況になっているともいえるでしょう。

まつ毛パーマは増やす、長くする効果なし
 パーマということでまつ毛をくるんと上向きにするだけのもの。

よってまつ毛そのものを増やしたり、長くしたりするものではありません。

ビューラーいらずで上向きまつ毛が手に入るのは魅力ですが、まつ毛自体への影響を考えるとやはり頻繁にはしないほうがよさそうです。

【つけまつげもやっぱり良くない】

 つけまつげは手軽にまつ毛をボリュームアップできる人気のアイテムですね。

専用の接着剤で目元につければ一気に目元が華やかになります。

しかし接着剤自体がまつ毛やまぶたに良くないことはもちろん、取り外す時の刺激も目にとって非常にダメージとなっているでしょう。

その刺激がかゆみやかぶれなどの炎症を引き起こすリスクも!接着面が自まつ毛の根元になるため、剥がす時にはどうしても自まつ毛の傷みや脱毛を促してしまうと考えられます。

【ビューラーを力一杯してしまう】

 まつ毛を上向きにさせてぱっちり目元にさせるには、ビューラーでの仕上げが欠かせません。

しっかり上げようと思うあまり、力一杯ビューラーで引っ張ってはいませんか?これもかなりまつ毛にダメージを与えると言われています。

ビューラーでまつ毛を挟む際には優しい力加減で、何度もギュッギュと上げないこと。

力を入れて繰り返し行えばそれだけまつ毛への負担も増大します。

ビューラーのゴムが劣化したまま使い続けることもNGです。

参考サイト

まつげが抜ける原因に!やってはいけないまつげケアとは | スキンケア大学

まつげには再生能力がない!? まつげを傷める悪習慣とお手入れ方法 | 女性の美肌・美容マガジンLBR

おすすめ記事

眉毛のお手入れで重要な6つのポイントと必要な道具

マスカラの種類とそれぞれの特徴(ロング・ボリューム・ウォータープルーフほか)

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

 - メイクアップ ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい