美容って何だろう

      2017/07/07


結婚式のゲストが心得るべきヘアメイク方法の具体策

結婚式などお祝いの席に招待された時、お呼ばれ用のヘアメイクに自信はありますか?
いくつかのポイントをおさえておけば、失敗のリスクを減らせます。

清潔感のある崩れないメイクでお呼ばれ仕様に

きちんと感が必要な髪型!長さ別でのマナーも

結婚式用のお呼ばれヘアメイクを自分で行う場合、マナーや節度を守った範囲でする必要があります。

派手すぎず、品よく華やかにヘアメイクをするにはどうすれば良いのでしょうか。

いくつかのコツを身につけて、失礼のないヘアメイクをしてくださいね。

スポンサーリンク

メイク編:清潔感が基本。式場ならではのマナーも忘れずに

     
まずはメイクで気をつけたい点を見ていきましょう。

主役である花嫁より目立ってはダメですが、カジュアルすぎもNG。

パーティーシーンらしい華やかなメイクを意識すると良いですよ。

【ベースメイクをしっかりして崩れを予防】

披露宴だけでも2時間を超える結婚式。

途中でメイクが崩れる、よれるなんてことは絶対に避けたい事態です。

メイク崩れを避けるためには、ベースメイクに手を抜かないのが重要。

カバー力のある下地をチョイスして、ムラがないよう均一に伸ばします。

つい厚塗りしたくなりますが、あくまで適量をムラがないように塗るのがポイントです。

皮脂浮きが気になる人は皮脂抑制タイプの下地、乾燥が気になる方は美容成分が入って保湿ができるタイプなど、肌質に合わせた下地選びも意識してくださいね。
 
また、そもそもの化粧ノリを良くするためには、スキンケアに気をつかっておくのも大切。

当日も基礎化粧品で肌を整え、潤いを与えてからメイクに取り掛かります。

【目元は涙で崩れないメイクを】

アイラインやマスカラをつける場合、ウォータープルーフを使えば涙や汗によるパンダ目予防に。

付けまつ毛をする人もいると思いますが、とれないように細心の注意が必要です。

できればナチュラルなまつげエクステを事前にしておくと、メイクの手間も省けて便利ですよ。

当然ながら、派手なアイメイクは避けてください。

【開催時間帯でメイクもチェンジ】

昼間の式には光ものの使用は避けるのが基本とされています。

これはメイクだけでなく、アクセなど小物も同様です。

コスメなら昼間は煌びやかな質感のものは使わず、ブラウンや薄いピンクなどで落ち着きや柔らかさを重視。

夜なら光ものを取り入れてもOKなので、ラメ入りコスメや艶やかなリップなどをプラスしてみましょう。

ただ、やり過ぎて派手にならないよう加減が必要です。
     

【ルージュは濃すぎない!淡い、くすみ系を活用】

真っ赤なリップは映えるメイクの定番ですが、ゲストとして参列するなら不相応になります。

同じ赤系でも淡いカラー、くすみ色などをチョイスして、パッと目を引く赤は避けましょう。

そのまま色をのせるだけでなく、リップライナーで輪郭を描いておくと綺麗な唇が完成します。

参考サイト
自分で「結婚式お呼ばれメイク」に挑戦! 専門家が教えるメイクのコツ|「マイナビウーマン」

結婚式にふさわしいお呼ばれメイクとは? | 結婚式のプロによるリアルな情報ならgensen wedding

スポンサーリンク

髪型編:長さで変わるマナーに注意!ヘアアクセの使い方も

お呼ばれ向きのヘアスタイルですが、髪の長さによっても気をつけるポイントが変わります。

自分の髪に合う条件を知り、マナー違反を防ぎましょう。

【ロング&ミディアムならアップスタイルがマナー】

アップにできる髪の長さの場合は、ダウンスタイルのまま出席しないよう注意しましょう。

フォーマルの場でのダウンスタイルは好ましくなく、食事や挨拶をする際も邪魔になります。

できればきちんとしたアップスタイルに仕上げること。

最近はハーフアップでもOKという見方が多いですね。

【ショートヘアでも何もしないのは避ける】

アップスタイルにできないショートヘアなら、そのままでも良い?いえいえ、ショートヘアでも “きちんと感” を演出する工夫が必要です。

ヘアワックスやクリームなどを使って、ちゃんとセットした髪型に。

フォーマルなヘアピン、小物を使えば地味すぎず、ドレスやワンピースにも合います。

【崩れないのが鉄則。ヘアスプレーなどを活用して】

アップヘアが途中でダラーン、ピンが飛び出てくる……こんな失敗を避けるべく、自力でのヘアスタイルは崩れないものを選ぶのが基本です。

下手に難しい髪型よりも、シンプルでもセットしやすい、崩れる心配が少ないヘアスタイルにしておきましょう。

特にアップスタイルはヘアスプレーなどで仕上げ、動いた時も乱れないように工夫を。

【カジュアルすぎも目立ちすぎもNGなヘア小物】

日頃使っている普通のヘアゴムやカチューシャをそのまま、というのはカジュアルすぎ。

ゴムは見えなければ良いですが、目に付く部分ならフォーマルな小物でカバーしましょう。

一方で、大きな花やティアラといった派手な小物もNG。

これらは花嫁っぽさの強いアイテムなので、ゲストがつけるには相応しくありません。

また、アニマル系やファー系のアクセは “殺生” を連想させるため、お祝いの席に使うことはタブーとなります。

先述の通り、昼間の式なら光らない小物、夜なら光るストーンなどもOKです。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

参考サイト

結婚式お呼ばれ女性向け!ドレス・ワンピースのおすすめ&NGの服装マナー | 結婚準備マニュアル

結婚式お呼ばれ!知っておくべき女性の髪型マナーは? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

 - ヘアメイク

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい