美容って何だろう

      2016/12/09


ファンデーション不要?ベビーパウダーの驚くべき威力とは

 子育て経験のある方なら、「ベビーパウダー」を使用したことがあるかもしれません。

主にあせもやただれを予防するための使用が主流で、乳幼児に使用することが多いためにこの様な名称がついたとされています。

2015-08-13-3noword

赤ちゃんの肌に使用できるものですのでお肌にとっては優しいイメージですが、それを見越して使用する大人の女性が増えているようなのです。

スポンサーリンク

ベビーパウダーってどんなもの?

 主原料として含まれるものはタルクやコーンスターチ、植物のデンプンです。

もちろんメーカーによっても若干異なるようですが、基本的にこうしたものが主成分として配合され、他にも保湿性分や香りの成分などを含むものもあるようです。

 タルクやコーンスターチは非常に粒子の細かい物質であり、そのため肌ざわりなどがとても優しい粉になります。

特にコーンスターチには高い吸水性があり、毛細管現象によって余計な水分を吸い上げ吸着。

更に乾燥に傾いた際には水分の放出を行ってくれます。

タルクは滑石と呼ばれる鉱石の一種。

皮膚表面を滑らかにして皮膚同士の摩擦を軽減させることで、余計な刺激を予防しあせもなどを防いでくれるのです。

また、コーンスターチが吸湿の役目を果たしている一方では、タルクの粒子の隙間から余計な水分が蒸発されていきます。

これらの作用により、ベストな水分バランスが維持されるというわけなのです。

スポンサーリンク

美容アイテムとしてのベビーパウダーの使い方

 効能から察するに、皮脂抑制を始めとした皮膚のメンテナンスから、メイクの仕上げなどにも用いられているようです。

特にこれからの季節気になるのが過剰な皮脂によるテカリ。

ファンデーションのあとのフィニッシュパウダーとして用いることで、皮脂を吸着してテカリ防止につながります。

また、余計な皮脂分泌が原因で起こる化粧崩れもカバー。

通常同じ役目を果たすフィニッシュパウダーよりもリーズナブルに手に入れられるので、代用品として使われることが多いようですね。

 仕上げだけでなく、そのままファンデーションとして使用する人もいるようです。

本来のファンデーションよりカバー力はありませんが、自然な肌を作るには十分なのだそう。

下地やUVケア用品を使用した後にベビーパウダーを乗せるだけなので、肌への負担も減らすことができるでしょう。

近所へ買い物に出かけるだけという日などには手軽で良いかもしれませんね。

 肌に塗布する以外にも活用方法があります。

それは洗顔フォームと混ぜて使うという方法。

いつも使用している洗顔フォームに、その量の半分ほどベビーパウダーを混ぜて顔を洗います。

要するにスクラブ洗顔の要領で、ベビーパウダーの細かい粒子が毛穴の汚れを落とすのに良いのだそう。

スクラブ洗顔といえば肌への刺激が強くなりやすい方法なので、洗う際には優しく行うこと。

また、自分の肌に合いそうにないと思ったらすぐにやめるようにしてください。

 毛穴の改善に繋がったという意見もあるようです。

夜のお手入れの際、保湿後にベビーパウダーを塗ったら朝起きた時の毛穴に変化が。

毛穴の詰まりが目立たず、気になるいちご鼻などの改善効果が得られたそう。

寝ている間の皮脂の過剰分泌が抑えられた結果なのかもしれません。

ということは、過剰な皮脂分泌から起こる毛穴の詰まりが原因のニキビにも効果的かも?実際にニキビに効果があったという声も見られますよ。

 一般的なファンデーションと比較した際、皮膚の負担を考えるとベビーパウダーの方がその割合が少ないとされています。

多くは石油などが原料となるファンデーションの場合、皮膚呼吸がほとんどできない状態になります。

ベビーパウダーの原料もタルクですので同じく石油成分であるものの、天然成分であるためお肌に優しいとされているのです。

 昔は原料となる滑石にアスベストが混入するという事件があり、それを機に日本政府より基準が設けられるようになりました。

よって、現在取り扱われている国内製のベビーパウダーに関しては安全に使用することができます。

香りなどに違いがあるようなので好みで選択すると良いでしょう。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー

おすすめ記事

ファンデーションの種類や相性を知ろう

「ミネラルファンデ」は普通のファンデとどう違う?

 - コスメグッズ ,

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい