美容って何だろう

      2016/12/09


自まつ毛を綺麗にする「まつ毛美容液」の成分やタイプ、使用の注意点

 アイメイクの中でもポイントとなる“まつげ”ですが、ベースをしっかり綺麗に保つ「まつげ美容液」も基本となっているようです。

s-201509-5

 顔の印象を左右する目元。

目の形以外にも黒目の大きさや涙袋など細かい部分でもイメージが変わることがありますね。

“まつげ”の状態もその一つで、毛量や長さで目の大きさも全く違って見える場合が。

マスカラでなるべくボリュームをアップしたいという人も多いでしょうが、まつげそのもののケアはしていますか?ベースをしっかりケアしてあげれば、マスカラを少なくしてもボリュームのあるまつ毛が得られるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

自まつ毛を綺麗にするには

【まつ毛専用の美容液を使う】

 今では当たり前といっても良いでしょう。

まつ毛専用の美容液を使用し、まつ毛を元気にする方法がありますね。

栄養を与えてまつ毛の長さや強度を向上し、抜けにくくしなやかな状態にする効果が期待できます。

もちろん美容液の配合成分によって効果に差はあるでしょうし、元々のまつ毛の質などにも左右されます。

【まつ毛美容液の効果】

・まつ毛の成長期を長くする(まつ毛が生えて伸びる成長期を長くし、まつ毛の成長度もアップ)
・まつ毛を抜けにくくする
・まつ毛を太く長くする、量を増やす
・新たに生えてくるまつ毛の強化

まつ毛美容液を選ぶポイント

【配合成分】

 もっとも気になるのは何がどれだけ配合されているかという、美容液の成分ですね。

効果を左右する重要なポイントなので当然です。

まつ毛美容液の成分と効果の一例
・オクタペプチド(機能性ペプチド)・・・毛母細胞を活性化させる
・オタネニンジン根エキス・・・血行を良くして毛の成長を促す
・センブリエキス・・・血行促進、毛母細胞の活性化

 上記の成分はまつ毛の成長を促し、丈夫にしたり長くするといった効果が期待できそうです。

他にも潤い成分が配合されている場合が多く、まつ毛を保湿して保護する効果もあるでしょう。

ちなみにこれら3つの成分全てを配合しているのが、「@cosme」の2012年 まつ毛美容液・下地部門殿堂入りを果たしているCANMAKE「ラッシュケアエッセンス」です。

580円というコスパの良さもヒットした理由でしょう。

「ラッシュケアエッセンス」:http://www.canmake.com/eye/item_eye031.html

【タイプ(付け方)】

 まつ毛美容液は製品によってタイプ、付け方が異なります。

ブラシタイプ
 マスカラと同じようなブラシ形状になっているタイプです。

普段メイクをしている感覚でつけることができるので、初心者でも塗りやすいでしょう。

マスカラの下地を兼ねているものもあるので、まつ毛のボリュームアップも手軽にできますね。

まつ毛の先~中間にかけては塗りやすいですが、根元に綺麗に塗ることは難しいタイプです。

チップタイプ
 先にチップがついているタイプのまつ毛美容液。

リップグロスなどと似た形状となります。

柔らかいチップはまぶたにも優しく、根元にも塗りやすいので成分を効率良く補給できるでしょう。

筆タイプ
 文字通り先が筆状になっており、筆ペンを使うような要領で塗布することができます。

伸ばしたい箇所に集中的に塗るなど部分使いにも最適。

根元に綺麗に塗ることもでき、量の微調整も行えるので意外とコスパも良いかもしれませんね。

まつ毛美容液の注意点

 もっとも懸念すべきリスクはまぶたの炎症や腫れといった副作用です。

炎症が出た場合は肌に合っていないと考え、直ちに使用を中断すべきでしょう。

美容液を根元にたっぷり塗る人もいると思いますが、目の中に入るリスクにも気をつけておく必要があります。

目の疾患など重大な症状に陥る危険もゼロではないため、使用には十分注意しておかなければなりませんね。

【パッチテストを忘れずに】

 目元はただでさえデリケートな部分。

美容液を使う前には肘の内側などに塗ってパッチテストを行い、赤みやかゆみが出ないかを確認しましょう。

【清潔な状態で使うこと】

 美容液を塗る前にはアイメイクを綺麗に落としている状態で使いましょう。

また、ブラシやチップに雑菌が繁殖しないよう清潔に管理したものを使うこともポイント。

不衛生な状態で使用すれば、余計な目のトラブルの原因にもなりえます。

参考サイト

本当に効果があるまつげ美容液は?おすすめのまつげ美容液と効果

おすすめ記事

「まつ毛」を弱らせダメにするメイクやクレンジング

眉毛のお手入れで重要な6つのポイントと必要な道具

黒目より重要?白目を綺麗にして魅力をアップさせよう

スポンサーリンク

プライバシーポリシー


 

 - コスメグッズ

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

注:2016年3月以前の記事はスキンケアアドバイザー資格取得前に書かれたものです。

イラスト:harunaluna

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい