美容って何だろう

「 肌荒れ・肌トラブル 」 一覧

痛いくらい日焼けした場合の対処法。冷やして保湿、内側からのケアも

照りつける太陽の下に長時間いると、知らないうちに日焼けしていることがあります。 もし痛いくらいの日焼け状態なら、早急に対処が必要です。 日焼けで肌が痛い!正しいケアで対処を 冷やす、保湿、刺激を避ける

うっかり日焼け対策!保湿や美白でアフターケアを万全に

日焼け止めを塗るのを忘れていたり、急用で長時間外出する羽目になった…そんなうっかり日焼けの影響を緩和するには、アフターケアが肝心! うっかり日焼けは放置厳禁! 基本のアフターケアとスペシャルケアで対処

インナードライ肌かも?と思ったら。洗顔や保湿の基本を見直そう

表面は皮脂でテカっているのに、本当は水分不足の状態である“インナードライ肌”。 インナードライを疑う35歳の女性・はなさんのお悩みにスキンケアアドバイザーの「rihira」がお答えします。 インナード

花粉で肌が炎症!?“花粉症皮膚炎”の症状と対策

スギ花粉をはじめ、非常に多くの花粉が飛散する日本の春。 最近は皮膚の炎症を伴う“花粉症皮膚炎”に悩む人も珍しくないようです。 花粉症皮膚炎はアレルギー反応が主な原因 まずは予防!酷ければ皮膚科に 花粉

花粉が肌荒れの原因に!花粉症シーズンに有効な肌荒れ対策

花粉が飛散する時期になると、なぜかお肌のトラブルも増加。 鼻や目だけでなく、お肌も花粉から保護する対策が必要です。 花粉シーズンの肌荒れ症状とは? NGケアに注意!正しい対策はコレ お肌がかゆい、ぶつ

花粉症により突然肌が荒れ始めた時の対処法は?

目や鼻だけでも迷惑なのに、肌もボロボロにしてしまう花粉症。 花粉症の季節になって急激に肌荒れを起こしてしまった30代女性・なるみさんのお悩みに、スキンケアアドバイザーの「rihira」がお答えします。

秋冬の乾燥による肌の粉吹きを改善する方法を教えて

乾燥が酷くなると、肌が粉を吹いたような状態になります。 厄介な粉吹き肌で悩む30代半ば・まゆりさんからの質問にスキンケアアドバイザー「rihira」がお答えします。 粉吹き肌改善のポイント 粉吹き肌は

乾燥肌による目元の「ちりめんじわ」の予防と対策を教えて

乾燥しやすい女性のお肌。 加齢が加わると尚更で、“ちりめんじわ”の原因になることも。 そんなお悩みを持つ41歳女性・ふみえさんからの質問にスキンケアアドバイザー「rihira」がお答えします。

茶色いクマを消したい!デリケートな目元の美白ケアとは(お悩み相談)

 クマはその色によって原因が少しずつ異なります。 今回は茶色い“茶クマ”に悩まされている20代後半女性・まいこさんからの質問にスキンケアアドバイザーの「rihira」がお答えします。

赤ら顔の原因となる脂漏性皮膚炎の対策はビタミンCの摂取(お悩み相談)

 皮膚が不自然に紅潮してしまう“赤ら顔”。成人以降も赤ら顔が治らない、20代女性しおりさんのお悩みにスキンケアアドバイザーの「rihira」がお答えします。

思春期のオイリー肌を改善する方法を教えて!ビタミンBは効くの?

 皮脂が多い肌質に悩んでいる人は少なくないはず。 今回の相談者は10代の学生、女性のあおいさんです。 こんにちは。 私は顔と背中が非常に脂っぽく、冬でもベタつきが気になり困っています。 ニキビもできや

「肌のくすみ」はなぜ起きる?代表的な5つの原因と種類別の対策

 顔の印象を暗く、時に老けてみせる原因となるのが「くすみ」です。自分のくすみのタイプと、それぞれの原因や解消法を知っておきましょう。  最近なんとなく顔が暗くなった気がしたら、「くすみ」が発生している

冬場の乾燥による肌荒れを防ぐスキンケアや洗顔方法を教えて

 寒い時期には乾燥による様々なトラブルが起きやすくなります。今回も冬場になると肌荒れすることで悩む30代半ばの主婦ゆう子さんからの相談です。

花粉や黄砂など春先に気をつけたい肌トラブル要因と対策

 もうすぐ訪れる穏やかな春。一方で、お肌にとっては慌ただしい季節となるかもしれません。  出会いと別れが交錯する季節といえば春ですね。 慣れ親しんだ環境から新しい生活への一歩を踏み出すタイミング。 気

化粧水の量を増やす?インナードライを改善するスキンケア

 カサつきを感じるのに脂でテカテカのお肌。現代人に多いと言われる「インナードライ肌」について知っておきましょう。

マスク・暖房・マフラーなど肌トラブルを招く冬場特有の要因7つ

 防寒に乾燥、冷え対策…冬に行う特有の行動が、肌荒れの一因になっていたかもしれません。

敏感肌の原因であるバリア機能の低下を改善するスキンケア

 一言に敏感肌と言っても、人によってその内容は異なります。あなたの敏感肌にはどんな理由が隠れているのでしょうか。

大人にも増えている?夏の肌トラブル「あせも」の原因と対策

 暑い夏特有の肌トラブル「あせも」。 子供にできやすいイメージがありますが、大人のあせもも増えているのだそうですよ。  大量の汗をかくと皮膚に赤くて小さなブツブツができやすくなりますね。 これが“あせ

目の周辺等にできる白いブツブツの正体は稗粒腫

 顔に突然現れる謎のブツブツが気になってはいませんか?その正体である稗粒腫の発生原因や治療方法などをご紹介します。  ふと気がつくと目の下にある白くポツポツとしたもの。 パッと見ではわからないこともあ

部屋が綺麗な人は肌も綺麗?汚部屋が肌に与える影響と片付けのポイント

 特に生活を変えていないけど肌の調子が良くないというあなた。 もしかして部屋が散らかってはいませんか?部屋の状態と肌の状態がリンクしているかもしれません。  最近テレビや雑誌などでも目にする片付けられ

ニキビやテカリの原因となる皮脂、その役割と肌トラブル

 ニキビ、テカリなどの原因とされる皮脂。厄介者扱いされやすい皮脂ですが、肌にとって重要な存在でもあります。皮脂と上手に付き合うことが、あなたの肌悩み改善につながるかもしれませんよ。  皮脂と聞くと、な

あなたが肌荒れする12の理由と対策(油分やストレスを減らそう)

 気をつけているつもりでも起こってしまうお肌のトラブル。肌荒れした理由はいつも同じとは限りませんし、同じ理由でも実際に肌荒れするかは個人差があります。  ニキビや乾燥、毛穴のトラブルなどお肌の悩みは人

「アトピー性皮膚炎」の人が冬場に気をつけたい対策

 お肌のアレルギー疾患として知られる「アトピー性皮膚炎」。今回はアトピーの方が今の冬場に気をつけたい情報をまとめました。  以前は子供特有の症状として知られていた「アトピー性皮膚炎」、通称「アトピー」

寒い時期にお肌が痒くなるのはなぜ?

  2014/01/07    肌荒れ・肌トラブル

 寒さの厳しい今の季節には体のあちこちで痒みを覚えること、多くありませんか?寒くなると肌のバリア機能が低下し、その影響の一つとして痒みが現れるのです。  本格的な寒気が日本中を覆う季節。肌はカサカサし

風呂上がりは即保湿する事で乾燥悪化を防止

  2013/12/10    肌荒れ・肌トラブル

 寒い季節は温かいお風呂でリラックス。でもお風呂上がりって肌がつっぱったり、かゆみが増すような気がしませんか?そう、お風呂上がりは肌が乾燥しやすい状態なのです。  夏場など温かい時期はシャワーだけとい

顔の皮がめくれるほどの乾燥を改善した二つの方法

  2013/12/05    肌荒れ・肌トラブル

 冬場になると乾燥で顔の皮がポロポロ・・・一?二年前までそれほど乾燥のひどかった顔の乾燥が、たった二つの方法で改善しました。  私は自分の肌質を「脂性乾燥肌」だと思っています。 混合肌とも言われるこの

肌荒れの症状と対策(ニキビ・アレルギー・アトピー)

 一言で「肌荒れ」といっても、その症状は様々。体質や年齢、環境や間違ったスキンケアなどの外的要因も含め、肌荒れの症状を招く原因だけでも数多くの事柄が考えられます。肌荒れに悩まされたことのある人は、症状

紫外線が人体に与える影響?シミ・シワ・たるみなど美容にも影響します

 太陽の光に含まれる成分「紫外線」。紫外線が人体に与える影響は、実に様々なものがあるのはご承知のことでしょう。美白の大敵である日焼けを始め、シミやシワなど肌の老化、皮膚がんの発症率が高くなるなどの脅威

そばかすを消したい!スキンケア以外に日常生活も気を付けて

  2013/06/30    肌荒れ・肌トラブル

 顔だけでなく、腕や肩、背中などにもできてしまう「そばかす」。薄い茶色の斑点のようなものがそれですが、これは幼少期から思春期にかけてあらわれるとされています。似たような症状の「シミ」とは違い、加齢によ

酷いオイリー肌の方に贈るアドバイス

酷いオイリー肌の方に贈るアドバイス

 あなたは自分の肌タイプを把握していますか?人によって肌のタイプはそれぞれです。「普通肌」、「乾燥肌」、「脂性肌」、「混合肌」、「敏感肌」…。どれも聞いたことのあるものかと思いますが、それぞれに特徴が

真夏のテカリ対策

真夏のテカリ対策

  2013/06/13    肌荒れ・肌トラブル

 真夏に気になる身体のべたつき。汗や皮脂の分泌によって顔を始め全身不快な思いをすることが多くなります。特に女性の皆さんは顔のテカリが気になる時期なのではないでしょうか。毎朝しっかりメイクしておいても、

肝斑(かんぱん)とは??その性質と予防・対策

肝斑(かんぱん)とは??その性質と予防・対策

 一言に「シミ」と言っても、実は色々な種類のものがあるのを知っていますか?中でもよく耳にするのが「肝斑(かんぱん)」。その形状が肝臓に似ていることから、肝斑という名前がつけられたと言われています。 ス

喫煙が肌に与える影響

 「JT全国喫煙者率調査」によると、平成21年度成人男性の喫煙率は38.9%、女性は11.9%という結果が出ています。これは、ピークである昭和41年の喫煙率で比較すると男性83.7%、女性18.0%で

春に多いお肌の変化とその対策、乾燥・花粉ほか皮脂にも注意を

朝晩の気温差に気をつけたい季節。 春は比較的一日の気温差が生じやすい季節でもあるようです。 「三寒四温」という言葉もありますが、寒い日があったかと思ったら急に暖かい日が続くなどの変化がおきやすいとされ

花粉の季節はバリア機能の低下などが原因で肌トラブルが増加

 3月も後半になるとすっかり春めいて陽気が気持よく感じられる様になります。 日本の南側では桜も開花し始め、別れと同時に出会いを予感させる季節です。 1月、2月、3月は「いく」「にげる」「さる」といって