12MタイプADSLとは

HOME About ADSL 24Mタイプとは 用語集
NTTのフレッツ・ADSLモア
最大24Mbpsの高速通信。提供エリア拡大中
Click Here!


2002年秋から提供が始まった12MタイプのADSL。これは従来の最大8M/bpsから最大12M/bpsへと高速化されたのと同時に、 従来局から4Km程度が限度とされていた利用可能距離を6〜7Km程度までと長距離化されたものである。
この12MタイプADSLは局からの距離が近いほど効果があるため、10M/bps以上の速度が見込めるのは2Km以内と言われているが、 2〜4Kmの範囲でも0.5〜1M/bps程度の増速が期待出来るようだ。

12MタイプADSLでは、上りの周波数帯域を下りの通信にも利用する「オーバーラップ」技術や一つの信号に従来より多くのデータを 載せる「S=1/2」という技術などが使われている。(S=1/2は全てのキャリアで使われているようだ)

S=1/2



オーバーラップ



主なADSLキャリアの12Mタイプへの対応は以下の通り


NTT東西
2002年11月から「フレッツ・ADSLモア」の名称で提供開始。
基本的にはイー・アクセスと同じ「eXtremeDSL」を採用されているが、詳細は不明。


Yahoo! BB
2002年8月から提供開始。12Mタイプを一番早く投入した。 Annex-A(8M) Annex-C(8M) Annex-A.ex(12M)の3種類から最適な通信方式を判断し切り替えながら 通信するモデムを使用している。
上りの帯域にも下りの信号を載せるオーバーラップ技術「A.ex」を使用。オーバーラップで重なった信号を分離するための 「DSP」というエコーキャンセラ技術も導入されている。


イー・アクセス
2002年10月から提供開始。複数の技術による安定性が特徴。オーバーラップ技術は採用されていない。
イー・アクセスではCentillium社の「eXtremeDSL」技術を採用しているが、その中の「eXtreme Rate」という機能により S=1/2やノイズ制御などで高速化している。またモデムチップの改良によりビット分解能を向上させており、これは長距離化 に役立っている。「eXtremeDSL」にはオーバーラップ技術も用意されているため、これを利用すれば16〜20M/bpsでの通信も 可能だが現在のところ予定はないようだ。


アッカ・ネットワークス
2002年10月から提供開始。従来の8Mタイプモデムのファームウェアをアップデートするだけで利用出来る10Mタイプも用意されている。
10Mタイプに関してはS=1/2技術のみを使用しているが、12Mタイプではグローブスパンの 「C.x」とういオーバーラップ技術が採用 されている。



12Mタイプの距離と速度の関係

このグラフは各社発表の数値、理論値などをもとにしたものです。
各社の特性や条件などにより差があります。参考資料程度にお考え下さい。


フレッツ・ADSLモア申し込み受付中


MENU
About ADSL接続サービス HOME
基礎知識  About ADSL  12MタイプADSLとは  24MタイプADSLとは  用語集  速度  About ADSL通信速度
導入記  フレッツ・ADSLモア導入記1  フレッツ・ADSLモア導入記2  etc  12Mタイプ導入するべきか?  キャンペーン情報
ADSLランキング  12M ADSLランキング  8M ADSLランキング  1.5M ADSLランキング
 LINK




Powered by "Naruse Contents Planning"